任意整理とは

任意整理は司法書士に依頼する

任意整理とは裁判所などの公的機関を利用せずに裁判外でサラ金業者と交渉をして、利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらい、負債を圧縮する手続のことです。

サラ金業者は債務者本人が任意整理の交渉をしようとしても応じてくれないのがほとんどですし、サラ金業者は相当に厳しい交渉相手ですから、両親や親戚などの身内に借金の整理を頼むのではなく、必ず司法書士等の専門家に依頼して下さい。

通常は3年で返済する

債務者が司法書士等に任意整理を依頼するときは、すべての借金を打ち明けることが重要です。

そして、通常は司法書士等は利息制限法に基づいて債務額を確定して、債務者の収入の中から3年~5年で返済できる見込みがあれば任意整理を選択することになります。

あまりにも長期間にわたる返済計画では業者もなかなか応じてくれないのが現状です。

利息制限法に引き直して計算をする

サラ金業者の大半は利息制限法を越える金利でお金を貸しているのがほとんどです。
※利息制限法の上限金利は以下のとおりです。

risoku

司法書士等が任意整理の依頼を受けるとサラ金業者に受任通知書を送り、今までの取引履歴を取り寄せて、利息制限法に基づいて引き直し計算をしますが、だいたい2~3割は債務が減ります。

サラ金業者との取引期間が5年以上になってくると債務がなくなることもあり、過払金(債務者が払いすぎたお金)が発生している場合があります。

過払金額が大きくなると任意整理をした結果、借金がなくなり逆にサラ金業者からお金を取り戻すことができる場合もあります。

任意整理のメリット・デメリット

メリットデメリット
・裁判所に行かなくてよい

・利息・損害金カットの交渉が可能

・過払い金の回収ができる

・和解契約が債務名義化しない
・信用情報がいわゆるブラックになる

・強硬な債権者だと和解が成立しないことがある

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら