アペンタクルから「債務名義確定通知」が届いたら

アペンタクルから「債務名義確定通知」が届いた場合の対処法

債務名義とは

債務名義というのは、裁判上で確定した判決や支払督のことです。裁判所で和解した場合や特定調停をした場合も債務名義となります。

債務名義・・・確定判決、仮執行宣言付支払督促、和解調書、調停調書など

債務名義を持っていると強制執行することができます。強制執行とは、給与や銀行口座を差押えされることです。 

対処法

アペンタクル(旧ワイド)から「債務名義確定通知」が届いたということは、過去に判決などを取られているということです。

アペンタクルの債務名義確定通知には以下のように事件番号が記載されています。

千葉簡易裁判所 平成〇○年(ハ)第○○○○号 貸金請求事件に基づく債務名義

借金の時効は原則的には5年ですが、判決などの債務名義を取られている場合は10年に延長されます。よって、事件番号の年数から10年未満の場合は時効の援用ができません。

これに対して、事件番号の年数がすでに10年以上前のものである場合は、時効の可能性があります。ただし、単に事件番号の年数だけでは時効かどうかは判断できません。

なぜなら、10年以上前の事件番号の債務名義であっても、過去に給与や預貯金の差し押さえを受けていることがある場合は、その時点で時効が中断するからです。

いずれにせよ、債務名義確定通知が届いた場合は、すでに債務名義を取られているということなので、時効の援用ができる可能性は低いといえます。

司法書士にお願いした場合

債務名義確定通知が届いた場合は、時効の可能性は低いですが、そういった場合でも司法書士にお願いするメリットはあります。

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼された場合、すぐにアペンタクルに受任通知を送って請求を止めます。これにより、時効の援用ができなくても依頼者への直接請求が止まります。 

ただし、10年以上前の債務名義であれば可能性はゼロではないので、もし、10年以上前の債務名義であることが判明した場合は、時効の援用ができるかもしれません。

なお、アペンタクルは司法書士などの専門家が介入しても、原則的に分割返済による和解には応じません。

当事務所では千葉、東京、埼玉、神奈川、茨城、群馬、栃木などを中心に2000人以上の借金問題を解決してきました。

時効の場合はもちろんのこと、すでに債務名義を取られている場合でもお気軽に千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

※ 法務大臣の認可を受けた司法書士は、1社あたりの元金(利息・損害金を除く)が140万円以下の借金について代理業務をおこなうことが認められています 

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アペンタクルへの時効実績も豊富です。

アペンタクルから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら