プロミスから請求書が届いた場合の対処法

プロミスから請求書が届いた場合の対処法

長期間返済をしていない場合

プロミスは現在、SMBCコンシューマーファイナンスに会社名が変わっています。

よって、プロミスの借金を滞納していると正式にはSMBCコンシューマーファイナンスから書面やハガキで催告書が届くことになります。請求書の主なタイトルは以下のとおりです。

主なタイトル

 ☑ 催告書

 ☑ お電話のお願い

 ☑ 和解提案書

 ☑ ご通知

プロミスから請求書が届いたとしても、長期間支払いをしていなかった場合は、必ずしも支払う必要があるとは限りません。なぜなら、サラ金などからの借金にも時効があるからです。

よって、プロミスから請求書が届いた場合は、まずは時効かどうかを確認することが重要です。

どのくらい返済をしていない場合に時効になるかどうかですが、これについては最後に返済してから5年以上経過しているかどうかです。

請求書の中に「支払期日」という項目があるかどうかを確認し、その日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

時効の中断に注意する

もし、支払期日の記載がなくても、5年以上返済した覚えがないのであれば、時効の可能性があるのでプロミスに連絡をしたり、借金の一部を返済するようなことは控えてください。

なぜなら、以下のような行為があると債務を承認したことになり、時効が中断してしまうからです。

時効が中断する行為

☑ 借金の一部を返済する

☑ 和解書にサインする

☑ 電話で今後の返済について話をする

☑ 借主側から借金の減額をお願いする

5年の時効期間が経過しているにもかかわらず、上記のような行為があると時効が中断してしまいます。その場合、時効の援用ができなくなるだけでなく、以後5年間は時効が中断してしまいます。

なぜなら、時効の中断とは一時停止という意味ではなく、それまでの時効期間がリセットされることを意味するからです。

時効の通知をするには

時効の場合は、最後に返済した時から現在に至るまでの損害金だけでなく、元金についても一切支払う必要がなくなります。ただし、時効は5年の経過で自動的に成立するというものではありません。

時効の恩恵を受けたい場合は、借主(債務者)がプロミスに通知をしなければいけません。

通知方法に決まりはありませんが、電話では相手のペースで話が進み、最悪の場合、債務承認になってしまい時効が中断するおそれがあるので危険です。

最も安全で確実な方法は内容証明郵便です。内容証明郵便で通知しておけば、あとで言った言わないのトラブルになることがありません。

もし、ご自分で時効の援用を通知するのが不安である場合は、千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

利息と損害金を除いた借金の元金が140万円以下であれば、司法書士が代理人としてプロミスに時効の通知をおこないます。

当事務所による消滅時効援用サービス

訴状が届いた場合の対処法

プロミスから請求が来ているのに放置し続けていると、裁判所から訴状や支払督促が届く場合があります。しかし、訴えられたからといって、必ずしも支払わなければいけないというものではありません。

なぜなら、時効の主張は裁判上でも可能だからです。

しかし、訴状の記載から時効であることが明らかであっても、被告である債務者から時効の主張がされない限り、裁判所が独自に時効の判断をしてくれることはありません。

よって、時効の可能性がある場合は、訴えられた被告が裁判上で時効の主張をしなければいけません。

時効かどうかの判断は訴状の中に記載されている「期限の利益喪失日」もしくは、取引計算書の最終返済日をチェックしてください。

いずれかの日付が5年以上経過している場合は時効の援用ができる可能性が高いです。時効の場合は答弁書で時効の主張をおこないます。

なお、訴状に同封されている答弁書には「分割払いを希望する」という項目があるのですが、ここにチェックを入れてしまうと、債務を承認したことになり、時効が中断する可能性があるのでご注意ください。

訴状を放置すると

もし、時効の主張が可能であるにもかかわらず、債務者が何らの反論もしなかった場合、原告であるプロミスの請求どおりの判決が出てしまいます。

判決や支払督促が確定すると以後10年間は時効が中断し、なおかつ、その間は給与や預金口座を差押される可能性があります。

よって、訴状や支払督促が届いた場合は、必ず中身をよく確認して、時効の可能性があるのであれば、指定された期日までに答弁書や督促異議申立書を裁判所に提出することが重要です。

支払うことができないからといって、放置するとあとから取り返しのつかない事態を招きますのでご注意ください。

仕事で忙しかったり、自分で裁判をするのが不安な場合はご相談ください。

認定司法書士には簡易裁判所の訴訟代理権があるので、利息・損害金を除いた元金が140万円以下であれば、裁判手続きもお任せ頂けます。

債務名義を取られている場合の対処法

最終返済から5年以上経過している場合は時効の可能性がありますが、すでに判決や支払督促を取られていたり、過去に裁判所で特定調停をしたり、裁判上で和解が成立していた場合は、その時から10年間は時効とはなりません。

債務名義とは・・・確定判決、仮執行宣言付き支払督促、調停調書、和解調書など

そういった場合は、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)から「和解勧告書」というタイトルの書面が届く場合があります。

しかし、判決などの債務名義を取られてからすでに10年以上経過している場合は、時効の主張ができる可能性があります。

和解勧告書に以下のような事件名の記載があれば、事件番号の年数から時効の主張ができるかどうかのおよその判断が付きます。

債務名義の記載例

・種  類 :仮執行宣言付支払督促

・裁判所名 :千葉簡易裁判所

・事件番号 :平成16年(ロ)第○○○○号

上記の事件番号は平成16年ですが、すでに10年以上経過しているので、時効の可能性があります。

ただし、事件番号が10年以上前でも、途中で給与の差し押さえなどを受けていると、そこで時効が中断している可能性もあるので、事件番号の年数が10年以上前だからといって、必ずしも時効とは限りません。

すでに債務名義を取られていて時効の主張ができない場合は、プロミスと分割返済の和解交渉に移行するのが原則です。

当事務所にご依頼された場合、時効の援用通知だけでなく、プロミスとの和解交渉までお任せ頂けます。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)への時効実績も豊富です。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら