債務整理のメリット・デメリット

債務整理には 1.任意整理、2.個人再生、3.自己破産、4.特定調停の4種類がありますが、それぞれ特有のメリット・デメリットがあります。

債務整理をする場合は、各種手続きの特徴を把握した上でどの手続きがベストであるかを判断する必要がありますが、事案によっては司法書士などの専門家でも判断が難しい場合があります。

よって、支払いが困難で債務整理を検討されている方は、できるだけ速やかに司法書士にご相談されることをお勧めいたします。

任意整理のメリット・デメリット

メリット デメリット
・裁判所を通さないで司法書士が債権者と和解をするため債務者の負担が一番軽い

・司法書士に任意整理の依頼をすることによってすぐに請求が止まる

・将来利息がカットされる

・自己破産と個人再生のように官報に掲載されることがないので第三者に知れることはない

・自己破産のような資格制限がない

・自己破産と個人再生では全債権者を漏れなく対象に入れて手続きをしなければいけないが、任意整理であれば特定の債権者のみを対象にできる

・過払金が発生していた場合は回収してもらえる

・5~10年程度は信用情報がいわゆるブラックになる

・強硬な債権者だと稀に和解が成立しないことがある

個人再生のメリット・デメリット

[table id=5 /]

自己破産のメリット・デメリット

[table id=6 /]

特定調停のメリット・デメリット

[table id=7 /]

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら