レイク(新生フィナンシャル)から請求された場合の対処法

新生フィナンシャル(レイク)の請求書が届いた場合の対処法

時効かどうかを確認する

新生フィナンシャル(レイク)の借金を5年以上返済していない場合は時効の可能性があります。なぜなら、サラ金などの借金は最終返済から5年の経過で時効になるからです。

よって、長期間返済をしていなかったのに、レイクから突然、催告書やハガキで請求された場合は時効かどうかを確認してください。

時効かどうかを確認するには、請求書の中に記載されている「お支払い約定日」で確認できます。この日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

時効の中断に注意

もし、請求書に契約内容に関する詳しい記載がない場合でも、5年以上返済した覚えがない場合はレイクに連絡をするのは控えてください。

なぜなら、債務者(借主)が以下のような債務を承認する行為をおこなってしまうと時効が中断するからです。

時効の中断はすでに5年の時効期間が経過している場合でも、借主の債務承認によって発生します。

債務承認に該当する行為

 ☑ 借金の一部を返済する

 ☑ 債務者から借金の減額をお願いする

 ☑ 和解書や示談書にサインする

 ☑ 借金の返済に関する話をする

時効が中断するというのは、時効が一時停止するという意味ではなく、それまでの時効期間がすべてリセットされるということです。

よって、借主が一部返済等をした場合は、時効の援用ができなくなるだけでなく、次の時効成立まで5年待つ必要が出てきてしまいます。

時効の援用方法

借金の時効は刑事事件の時効とは異なり、5年の経過とともに自動的に成立するということはありません。そのため、単に請求を放置しているだけでは、レイクからの請求が止まりません。

もし、時効の恩恵を受けたいのであれば、借主がレイクに対して書面で通知する必要があります。

通知方法に特に制限はありませんが、電話で通知すると相手のペースで話が進み、時効が中断する危険があるので、内容証明郵便などの書面で通知するのが安全です。

内容証明で通知することで後日のトラブルを防止することができます。もし、ご自分でレイクに通知するのが不安であれば、千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

ご依頼頂いた場合は、時効の中断事由があるかどうか確認し、中断がなければ司法書士が内容証明郵便で確実に時効の援用をおこないます。

なお、認定司法書士は利息・損害金を除いた元金が140万円以下の借金であれば、依頼者の代理人となってレイクと交渉することができます。

よって、中断事由が判明し、時効の援用ができない場合は、そのままレイクと分割返済の和解交渉をおこなうことが可能です。

当事務所による消滅時効援用サービス

訴状や支払督促が届いた場合の対処法

レイクの請求を無視していると裁判所から訴状や支払督促が届く可能性があります。

訴えられると必ず返済をしなければいけないように思いますが、最終返済から5年以上経過している場合は時効の主張ができるのは裁判をされた場合も同じです。

しかし、訴状の記載から時効の可能性が明白であっても、被告である債務者が裁判上で時効の主張をしない限り、裁判所が独断で時効の判決を出すことはありません。

よって、時効の場合は債務者が自ら裁判上で時効の主張をしなければいけません。

時効かどうかは訴状の中に記載されている「期限の利益喪失日」もしくは取引計算書の最終返済日をチェックし、いずれかの日付が5年以上前であれば時効の可能性があるので、答弁書で時効を主張します。

なお、訴状に同封されている定型の答弁書には「分割払いを希望する」という項目がありますが、ここにチェックを入れてしまうと、債務を承認したことになり時効が中断するのでご注意ください。

ご自分で裁判手続きをおこなうのが不安だったり、忙しくて時間がない場合は千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

認定司法書士には簡易裁判所の訴訟代理権があるので、損害金を除いた元金が140万円以下の請求であれば裁判手続きまでお任せ頂けます。

訴状や支払督促を放置した場合

もし、債務者が時効の主張をせずに訴状や支払督促をそのまま放置した場合、原告である新生フィナンシャル(レイク)の請求どおりの判決が出ることになります。

判決が確定してしまうと時効の援用ができなくなるだけでなく、以後10年間は時効が延長されます。

また、判決などの債務名義を取られることによって、債務者は給与や銀行口座を差押される危険があります。

よって、時効の可能性がある場合は、必ず指定された期日までに答弁書や督促異議申立書を裁判所に提出するようにしてください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、新生フィナンシャル(レイク)への時効実績も豊富です。

新生フィナンシャル(レイク)から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら