NTS総合弁護士法人の「督促のご通知」

NTS総合弁護士法人から「督促のご通知」が届いた場合の対処法

NTS総合弁護士法人とニッテレ債権回収

NTTドコモ(DCMX)の利用代金などを滞納していると、債権がニッテレ債権回収に譲渡され、ニッテレ債権回収の代理人であるNTS弁護士法人の札幌事務所から「督促のご通知」が届くことがあります。

なお、ニッテレ債権回収とNTS総合弁護士法人はグループ会社です。そのため、ニッテレ債権回収の一部の債権をNTS総合弁護士法人が代理人として回収しているようです。

時効制度の適用があるか確認する

ニッテレ債権回収は借金の回収を専門におこなう債権回収会社(サービサー)で、その代理人をしているNTS総合弁護士法人のような法律事務所からの請求だと、必ず支払わなければいけないものだと錯覚してしまいそうですが、そもそも借金には時効制度の適用があります。

借金の時効は5年と決められています。よって、滞納期間が5年以上の場合は時効によって支払う必要がない可能性があるので、まずは時効制度の適用があるかどうかを検討します。

【お客様の未払内容】の「契約日」が相当古かったり、「損害金」が「元金」よりも多額になっていて、自分でも5年以上返済をした覚えがないのであれば、まずは時効の可能性を疑ってください。

時効が成立する条件

☑ 滞納期間が5年以上
☑ 直近10年の間に相手から裁判を起こされていない

これに対して、滞納期間が5年未満であったり、すでに裁判を起こされてしまって判決などを取られているような場合は時効にはなりません。

明らかに時効ではないと思われる場合は支払義務がありますので、返済ができる状態であればNTS総合弁護士法人に連絡をしてお早めに完済されるのがよろしいかと思われます。

安易な連絡は禁物

請求書には以下のような記載があります。

『期限内でのお支払いが困難な場合には、お支払い方法等についてのご相談も承りますので、必ず、ご連絡ください。期限内に何らかのご連絡無しにお支払い頂けない場合には、法的手続きを検討せざるを得ませんので、その旨申し添えます』

しかし、5年の時効期間が経過しており、時効の可能性があると思われる場合にはNTS弁護士法人への連絡は控えてください。

もし、電話で減額や分割払いの申し入れをしてしまうと、債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。その他にも以下のような行為が時効を中断させるのでご注意ください。

時効が中断する行為の代表例

☑ 代金の一部を入金する
☑ 和解書などにサインする
☑ 電話で今後の返済について相談する

しかし、電話で返済の話をした程度の場合は、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合もあり、時効の主張ができるケースもあるので、ご自分で判断しないでまずはご相談ください。

請求を放置していると

NTS総合弁護士法人からの請求を放置しているだけでは、いつまでたっても時効が成立することはありません。借金の時効制度は5年の経過によって自動的に成立するものではないからです。

そればかりか、請求を放置し続けていると裁判を起こされる可能性もあるので、時効の可能性がある場合はすみやかに時効の援用手続きをおこなってください。

時効の援用は内容証明郵便などの書面でおこなう必要があります。なお、書面の中でも内容証明郵便が最も証拠力高いので、当事務所でも内容証明郵便で時効の通知をおこなっております。

すでに述べたとおり、電話では債務承認の危険があるので、時効の可能性がある場合は電話せずに直接、内容証明郵便で通知することになります。

当事務所のご依頼された場合

損害金を除いた元金が140万円以下の借金であれば、当事務所が代理人として時効の援用をおこなうことができます。その場合はご依頼直後からNTS総合弁護士法人の直接請求が止まります。

時効の中断事由が存在せず、時効の条件を満たしていれば当事務所が確実に時効の援用をおこないます。これにより、元金を含めた一切の支払い義務がなくなります。

これに対して、すでに裁判所で判決などを取られているなどの理由により、時効の条件を満たしていない場合は、当事務所が代理人として分割和解の交渉を代わりにおこないます。

一般的に分割返済の場合は3年~5年での返済となります。50万程度の負債であれば毎月1~2万円にできる可能性があります。

もし、他にも多額の借金があるような場合は、裁判所に個人再生や自己破産の申し立てをおこなうことも検討する必要があります。

ご依頼された場合は、ご本人の負債状況や経済状況を踏まえて、最適と思われる手続きを選択することができますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご依頼された場合のメリット

☑ NTS総合弁護士法人からの直接請求が止まる
☑ 時効の条件を満たしている場合は確実に時効の援用が成立する
☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割和解に切り替えられる

当事務所にお越し頂けない方

遠方にお住まいなどの理由によって、当事務所にお越し頂けない方でも当事務所が時効の援用を代行できます。その場合は当事務所が内容証明郵便の発送までを代わりにおこないます。

まずは営業時間内にお電話でお問い合わせ頂くか直接、LINE、メール、FAXのいずれかの方法でお手元の請求書を送ってください。

当事務所が時効の可能性があるかどうかを判断し、お手続きをご希望される場合は、そのまま当事務所が内容証明郵便の作成と発送までを代行いたします(これまでのご依頼件数2000人以上)。

こちらのサービスでも時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用手続きによって借金の支払い義務が完全になくなり、NTS総合弁護士法人からの請求も一切来なくなります。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに5000人を超える方の借金問題を解決しており、ニッテレ債権回収代理人のNTS総合弁護士法人への時効実績も豊富です。

NTS総合弁護士法人から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

※LINE相談のご利用件数が000人を突破しました!

友だち追加

(友だち追加のURL)https://lin.ee/eQiyW85

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら