日本保証の執行文が裁判所から届いた場合の対処法

武富士の借金の件で裁判所から執行文が届いたら

執行文とは

武富士の借金を滞納していると、ある日突然、裁判所から執行文が届くことがあります。これは2012年に日本保証が武富士の金融事業を承継しているからです。

裁判所から執行文が届いたということは、すでに武富士の時代に裁判所で判決など(これを「債務名義」といいます)を取られているということです。

そして、武富士の金融事業を引き継いだ日本保証が、武富士時代に取得した判決等の債務名義に基づいて、強制執行をしようと準備をしている段階に入っていることを意味します。

なぜなら、この執行文は承継執行文と呼ばれるもので、日本保証が武富士時代の債務名義に基づいて強制執行をするために、武富士の事業を承継したことを裁判所に証明してもらうものだからです。

この承継執行文をもらうことで、日本保証は武富士時代の債務名義に基づいて、債務者に対して強制執行(給与や口座の差押え)をすることができるようになります。

債務名義と消滅時効の関係

武富士などの貸金業者からの借金の消滅時効は5年ですが、裁判所で判決などの債務名義を取られてしまうと、時効がその時点から10年に延長されてしまいます。

よって、判決を取られてから10年以内だと時効が成立することはありません。これに対して、10年以上前の判決であれば時効が成立する可能性があるということになります。

よって、判決などの債務名義を取られている場合は、10年以上経過しているかどうかが非常に重要となります。

執行文が届いた場合のチェックポイント

裁判所から執行文が届いた場合、1ページの執行文のタイトルより上に「債務名義の事件番号」が記載されているので、まずはそこをチェックしてください。

もし、事件番号(例:平成○年(ハ)第○号)が10年以内であれば時効の条件は満たしていませんが、10年以上前の事件番号であれば時効の可能性があります。

なお、実際に強制執行を受けてしまうと時効が中断してしまいますが、裁判所から執行文が届いただけの段階であれば時効は中断しません。

10年以上前の債務名義であれば時効の援用をする

もし、武富士に取られた判決などの債務名義が10年以上前の事件番号であれば、時効の可能性があるので、日本保証から強制執行をされる前に時効の援用をする必要があります。

時効の援用は電話ではなく、内容証明郵便でおこなうのが最も確実で安全な方法です。時効の条件を満たしていれば、内容証明郵便による時効の援用によって借金が消滅します。

ご自分で手続できない場合

内容証明郵便で時効の援用をするといって、経験がない方にとってはハードルが高い作業だと思います。もし、ご自分で手続できそうにない場合は当事務所にお任せください。

当事務所にご来所頂ける方は、当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

これに対して、遠方にお住いのためにご来所頂くことができない方は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなうことで、時効の援用を代行することが可能です。

どちらの方法でご依頼をお受けしても、10年以上前に取得された債務名義で、その後に時効中断事由が存在しない限りは、当事務所による時効の援用によって、日本保証の借金が消滅します。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、日本保証への時効実績も豊富です。日本保証から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が1000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら