債務整理の成功例

債務整理は早めが肝心

多重債務者の中には債務整理と聞いただけで躊躇してしまう方もいるかと思われます。確かに一般の方にとって債務整理は一生に一度あるかないかの一大事なので気持ちはよく分かります。

ただし、病気の治療と同じで症状が軽いうちに債務整理をするに越したことはありません。借金の額が大きくなればなるほど債務整理の選択肢も限られてしまいます。

よって、現在の収入の中では返済しきれないと思ったら、速やかに司法書士などの専門家に債務整理の相談をして下さい。

以下に、債務整理の成功例を挙げておきますので是非参考にして下さい。

成功例:Aさんの場合

負債総額:250万円(5社)
毎月の返済額:8万円
借入期間:平均5年
借入原因:ギャンブル
手取収入:20万円(正社員)
家族構成:一人暮らし
解決方法:任意整理

Aさんは各社との取引期間が5年程あったため、利息制限法で引直計算をしたところ、借金を250万円から100万円まで圧縮することができたため、自己破産や個人再生ではなく任意整理を選択することになりました。

その結果、毎月の返済額を8万円から3万円に減らすことができました。Aさんはその後、3年をかけて借金をすべて支払いました。

成功例:Bさんの場合

負債総額:3000万円(内訳:住宅ローン2500万円、サラ金等500万円、合計8社)
毎月の返済額:25万円(内訳:住宅ローン7万円、サラ金等18万円)
借入期間:3年以下
借入原因:ギャンブル
手取収入:30万円(正社員)
家族構成:4人暮らし(妻、子供2人)
解決方法:個人再生

Bさんは各社との取引期間が3年以下だったため、利息制限法で引直計算をしても、借金の額はほとんど変わりませんでした。

そのため、任意整理を選択しても住宅ローンの返済以外に毎月10万円程度の返済をしなければならず、かといって、自己破産を選択するとマイホームを失ってしまいます。そこで、マイホームを維持しながら債務整理できる個人再生を選択することにしました。

その結果、住宅ローンは今まで通り支払いを続ける必要がありますが、それ以外の借金が500万円から100万円に圧縮され、毎月の返済額を10万円(住宅ローンを含む)に減らすことができました。

Bさんはその後、3年かけて住宅ローン以外の借金をすべて支払いました。

成功例:Cさんの場合

負債総額:300万円(6社)
毎月の返済額:10万円
借入期間:3年以下
借入原因:生活費不足
手取収入:18万円(派遣社員)
家族構成:一人暮らし
解決方法:自己破産

Cさんは各社との取引期間が3年以下だったため、利息制限法で引直計算をしても、借金の額はほとんど変わりませんでした。そのため、任意整理を選択しても毎月7万円程度の返済をしなければいけません。

Cさんには特に目ぼしい財産もなく、職業も派遣社員で正社員より不安定で、借入原因もギャンブルや浪費ではなかったため自己破産を選択することになりました。

その結果、借金の支払義務が一切なくなり、新たな人生をスタートすることができました。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら