ティーアンドエスの「訪問に関する御連絡」

「訪問に関する御連絡」が届いた場合の対処法

ティーアンドエスの自宅訪問

株式会社ティー・アンド・エスから「訪問に関する御連絡」という書面で請求を受けることがあります。その書面には以下のような記載があります。

「貴殿に対する債権の支払いを求めるべく不本意ではございますが、訪問折衝手続き移行させて頂くことになりました。尚、こちらから訪問することになった場合は費用等も掛かる為、柔軟なお支払い方法の選択は出来兼ねますので下記期日までにまずはご連絡を下さい」

「尚、連絡なき場合には、突然の訪問となります旨、ご了承下さい」

実際に自宅まで取り立てに来るかどうかですが、ティーアンドエスは本当に取り立てに来る業者です。よって、訪問に関する御連絡が届いた場合は迅速に対処した方が良いです。

時効の場合が多い

ティーアンドエスから請求を受けた場合の対処法としては、まずは時効の可能性があるかどうかをチェックすることが大切です。

なぜなら、貸金業者からの借金には時効があり、5年以上返済をしていないような場合は時効によって支払う必要がなくなる可能性があるからです。

時効の可能性があるかどうかは【債権内容の表示】の「弁済期」の日付が5年以上前かどうかで確認できます。

債務承認に注意する

ティーアンドエスはあの手この手で借主側との接触を図ってきますが、滞納してから5年以上経過しているのであれば、ティーアンドエスへの電話は控えてください。

もし、時効期間の経過に気づかずに今後の返済条件等を話し合ってしまうと、債務の承認となって時効の主張ができなくなるおそれがあります。

ただし、すでに電話をしてしまったような方も時効がダメになったと自分で決めつけずにまずはご相談ください。電話をしても必ずしも時効がダメになったとは言い切れない場合もあります。

時効が成立すれば請求も止まる

5年以上返済をしていないからといってそのままティーアンドエスからの請求を放置しているだけでは時効が成立することはありません。

時効が成立していない以上は最後の返済から何年経過していてもティーアンドエスからの請求も止まりません。その結果、自宅訪問される心配が続いてしまいます。

時効を成立させるためには内容証明郵便で時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といって、借金の時効に関しては時効の援用をすることで初めて支払い義務がなくなります。

当事務所にご依頼された場合

相手は自宅まで取り立てに来るような業者ですから、ご自分で時効の援用手続きをおこなうのが不安な方もいるかと思います。

当事務所にご依頼された場合、その日のうちにティーアンドエスからの請求が止まります。これにより、ティーアンドエスからご本人に対する書面や電話による請求がなくなります。

その後、時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで、当事務所が確実に時効の援用をおこないます。

もし、直近10年以内に裁判所で判決を取られている等の理由によって時効の条件を満たしていない場合は、そのままティーアンドエスとの和解交渉に切り替えることも可能です。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にお越し頂けない方

遠方にお住まいであったり、仕事などの都合で当事務所にお越し頂けない方でも当事務所が時効の援用をお受けすることが可能です。

その場合、当事務所が内容証明郵便の発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります(詳しくは以下のページをご覧ください)。

こちらのサービスでも最後の返済から5年以上が経過しており、かつ、直近10年以内に裁判所で判決などを取られていないのであれば、当事務所が作成する内容証明による時効の援用によって時効が成立します。

その結果、ティーアンドエスからの請求がなくなり、自宅訪問される心配もなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに3000人を超える方の借金問題を解決しており、ティーアンドエスへの時効実績も豊富です。

ティーアンドエスから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら