アルファ債権回収の「受託通知書」

アルファ債権回収から「受託通知書」が届いた場合の対処法

アルファ債権回収とは

アルファ債権回収は新生銀行の子会社で、借金の回収業務を専門におこなっている債権回収会社です(債権回収会社はサービサーともいいます)。

株式会社アプラスインベストメントから回収業務を委託されたアルファ債権回収から「受託通知書」で請求を受けることがあります。

なお、アプラスインベストメントは主に以下の会社から債権を譲り受けるなどしています。

☑ ミネベア信販株式会社

☑ ゲートファイナンス株式会社

☑ ゼネラル・エレクトリック・キャピタル・コンシューマー・ファイナンス株式会社

☑ 株式会社カワイアシスト

☑ GEコンシューマー・ファイナンス株式会社

5年以上返済をしていない場合

借金にも時効というものがあり、5年以上返済をしていない場合は時効の可能性が出てきます。時効の場合は遅延損害金だけでなく、元金についても一切の支払い義務がなくなります。

受託通知書に記載されている債権明細の「契約日」が相当古い日付であれば、まずは時効の可能性を疑ってください。

電話することのリスクとは

明らかに時効ではない場合は、アルファ債権回収に連絡をして返済の話をしても問題ありません。これに対して、時効の可能性がある場合は電話すると時効が中断するおそれがあります。

これはたとえ5年の時効期間が経過していても、時効に気づかないまま相手と今後の返済などの話をしてしまうと、債務承認となって時効が中断してしまうおそれがあるというものです。

ただし、電話で話をした程度であれば、必ずしも時効がダメになったとも言い切れない場合がありますので、まずは諦めずにご相談ください。

時効の援用によって借金の支払い義務がなくなる

借金の時効は最後の返済から5年の経過によって自動的に成立するというものではありません。時効の恩恵を受けるには内容証明郵便などの書面で時効の通知を送らなければいけません。

つまり、時効の援用をきちんとすることによって、初めて借金の支払い義務がなくなり、その結果としてアルファ債権回収からの請求も止まるわけです。

当事務所にご依頼された場合

一般の方が自分で時効の援用をおこなうにはリスクが伴います。もし、ご自分で手続きをするのが不安であれば当事務所にお任せください。

ご依頼された場合、当事務所が時効の中断があるかどうかを確認したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

もし、すでに裁判所で判決などを取られていて時効が中断していることが判明した場合は、そのままアルファ債権回収との分割和解交渉に移行することもできます。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にお越し頂くことができない場合

遠方にお住まいだったり、仕事などが忙しくてご来所するお時間が取れない場合は内容証明作成サービスをご利用ください。

こちらは当事務所がアルファ債権回収に対する内容証明郵便を作成して、発送するところまでをおこなうサービスです。

こちらのサービスでも時効の条件をクリアーしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金の支払い義務がなくなります。

まずはお気軽にお電話もしくはLINE、メールでご相談ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アルファ債権回収への時効実績も豊富です。

アルファ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら