弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所から「請求書」が届いた場合の対処法

高橋裕次郎法律事務所から請求書が届いた場合の対処法

弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所とは

弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所はアイフルの代理人をしています。そのため、アイフルの請求を放置していると、高橋裕次郎法律事務所から「請求書」が届くことがあります。

弁護士は借金の回収を業務としておこなうことが認められています。そのたま、貸金業者が弁護士や法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)に回収業務を委託することは珍しくありません。

時効の可能性を検討する

弁護士から請求を受けると、必ず支払わなければいけないと勘違いされている方いますが、決してそんなことはありません。

弁護士や債権回収会社であっても、すでに5年の時効期間が経過した借金の請求をしてくることはよくあります。

適切な時効手続きが取られていない以上、単に最終返済から5年以上経過しただけでは借金はなくなりませんし、債権者が請求することが禁止されているわけでもありません。

債務の承認による時効の中断に注意

時効期間が経過していても、借主が時効に気づかずに借金の一部を返済したり、今後の返済を約束したような場合は、債務を承認したものとされ時効が中断してしまいます。

よって、時効の可能性がある場合は、高橋裕次郎法律事務所から請求されても電話をしてはいけません。下手に電話をすると、返済の約束を取り付けられて時効が中断してしまうことがあります。

時効が中断する行為

☑ 今後の返済について話をする

☑ 和解書にサインする

☑ 借金の一部を返済する

上記のような行為があっても、必ずしも時効が中断するとは限りませんので、自分で時効が中断したと決めつけずに、まずは専門家にご相談ください。

時効の援用によって借金をなくせる

単に時効期間が経過しているからといって、連絡を取らないだけでは、いつまでたっても請求は止まりませんので、内容証明郵便で時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といいます。

借金の時効は時効の援用をすることで初めて成立します。刑事事件の時効のように、一定の期間が経過したら自動的に時効が成立するというものではありません。

よって、5年以上返済をした記憶がない場合は、すみやかに時効の援用をおこなってください。

司法書士にお願いするのが安全

相手は借金の回収を専門におこなっている弁護士事務所ですから、自分で手続するのは危険です。

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼された場合、中断事由の有無を調査したうえで、内容証明で確実に時効の援用をおこないます。

いまだ時効期間が経過していない場合は、そのまま分割和解をおこなうこともできます。お一人で悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください。

※ 認定司法書士は1社あたりの借金の元本(利息や損害金は除く)が140万円以下の借金について代理業務をおこなうことができます

司法書士にお願いするメリット

☑ 依頼した日から本人への直接請求が止まる

☑ 中断事由がなければ司法書士が確実に時効の援用をしてくれる

☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割和解に切り替えることができる

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アイフルへの時効実績も豊富です。

高橋裕次郎法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談(24時間以内返信)

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら