弁護士法人 引田法律事務所から請求された場合の対処法

日本保証の代理人

弁護士法人引田法律事務所は日本保証の代理人をしているため、日本保証の借金を滞納していると引田法律事務所から請求を受けることがあります。なお、弁護士は借金の回収をおこなうことができます。

債権回収会社(サービサー)も弁護士と同様に借金の回収業務を行うことができるので、弁護士や債権回収会社に回収を委託している業者は日本保証に限らず数多くいます。

なお、日本保証は武富士の金融事業を承継したため、武富士の借金を滞納したままだと日本保証から請求されることがあります。

まずは時効の検討が重要

弁護士事務所からの請求だからといって諦めないでください。すでに時効期間が経過している借金であることが珍しくありません。最終返済から5年以上経過していれば時効の可能性があります。

請求書の中に「支払の催告にかかる債権の弁済期」という項目があれば、その日付を確認します。5年以上前の日付であれば時効の可能性があります。

時効の中断に注意

5年の時効期間が経過していても、時効に気づかずに引田法律事務所に連絡をしてしまうと、時効が中断する恐れがあるので注意してください。一度、時効が中断すると取り返しがつきません。

ここでの中断はリセットを意味します。つまり、それまで積み上げてきた時効期間がすべてなくなってしまうわけです。よって、時効の可能性がある場合はくれぐれも連絡をしないようにしてください。

以下に時効が中断する代表的な行為を挙げてみます。

時効が中断する行為

☑ 電話で今後の返済について話をする

☑ 少額であっても返済してしまう

☑ アンケートや回答書を返送する

時効の手続きはどうするのか

借金の時効は自動的に成立することはありません。このため、ただ放置しているだけではいつまで経っても借金がなくなることはありません。

時効によって借金をなくしたいのであれば、内容証明郵便などで引田法律事務所に時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といい、この手続きで初めて借金の支払い義務がなくなります。

司法書士にお願いするのが安全

時効の援用をおこなうといっても、初めての人にはハードルが高い作業です。ましてや、相手は借金回収に特化した弁護士事務所ですから、にわか仕込みでの対応にはリスクが伴います。

よって、できれば時効の援用手続きを専門的におこなっている司法書士に依頼するのが安全です。司法書士に依頼すると思に以下のメリットがあります。

司法書士にお願いするメリット

☑ 依頼した時点で本人への直接請求がすぐに止まる

☑ 自宅訪問される危険がなくなる

☑ 中断事由がない限り、時効の援用を確実にしてくれる

千葉いなげ司法書士事務所では時効はもちろんですが、借金問題には全般的に対応しており、自己破産などの経験も豊富です。

千葉に限らず、茨城、東京、愛知、群馬、静岡、栃木、神奈川、埼玉、山梨などからも数多くのご依頼をお受けしています。その他の地域の方でも対応可能です。

おひとりで悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、日本保証への時効実績も豊富です。

日本保証から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談(24時間以内返信)

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら