アコムから「催告書」が届いた場合の対処法

アコムから「催告書」が届いた場合の対処法

安易に連絡しない

アコムから封書や圧着ハガキで「催告書」というタイトルで請求を受けた場合の対処法です。もし、最近まで返済をしていたのであれば、アコムに連絡を取っても構いません。

これに対して、5年以上返済をしていない場合は安易な連絡は控えてください。なぜなら、5年以上返済をしていない場合は借金を支払う必要がなくなる可能性があるからです。

借金の時効は5年です。つまり、最後に返済をしてから5年以上経過している場合は時効の可能性があり、その場合は利息や遅延損害金のみならず、元金についても一切支払う必要がなくなります。

しかし、時効に気づかずにアコムに電話をしてしまうと、債務を承認したことになり時効が中断するおそれがあります。債務の承認とは、簡単に言えば「借金の支払いを認める行為」です。

債務の承認に該当する行為

☑ 電話で返済について話し合う

☑ 示談書や回答書を返送する

☑ 借金の一部を返済する

以上のような行為があると、それまでの時効期間がすべてリセットされてしまいます。よって、時効の可能性があると思われる場合は、くれぐれも電話をしないように気をつけてください。

時効かどうかを判断するには

催告書の中に「返済期日」という項目があるかどうか確認してください。その日付が5年以上前であれば時効の可能性が高いといえます。

ただし、すでにアコムから裁判所に訴えられていて、判決や支払督促を取られている場合は、判決などを取られてから10年間は時効が延長します。なお、判決などを債務名義といいます。

債務名義とは ➡ 確定判決、仮執行宣言付支払督促、調停調書、和解調書

調停調書というのは、簡易裁判所に特定調停を申し立て際に作成されるもので、和解調書は裁判上で和解した場合に作成されます。いずれも判決と同じ効力があり、時効が10年に延長されます。

これまでの経験上ですが、アコムが判決などの債務名義を取っていることはそれほど多くないので支払期日から5年以上経過している場合は、時効の可能性が高いといえます。

時効によって借金をなくすには

「返済期日」から5年以上経過しているからといって安心して、そのまま放置してはいけません。なぜなら、借金の時効は勝手に成立するものではないからです。

時効によって借金の支払い義務から逃れるには、内容証明郵便などの文書でアコムに時効の通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。

時効の援用をすることで初めて借金がなくなり、アコムの請求も止まります。

司法書士にお願いするメリット

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼された場合、すぐにアコムから本人への直接請求が止めることができます。これにより、電話や書面による請求、自宅訪問される心配がなくなります。

そのうえで、中断事由の有無を確認し、特に問題なければ内容証明で確実に時効の援用をおこないます。もし、中断事由の存在が判明した場合は、そのまま分割和解に切り替えることも可能です。

依頼するメリット

☑ アコムの請求が止まる

☑ 時効の援用を代わりにしてくれる

☑ 時効ではない場合も和解交渉できる

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アコムへの時効実績も豊富です。

アコムから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談(24時間以内返信)

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら