任意整理の特徴

借金を整理する手段の一つに任意整理というものがあります。

 

当サイトにも任意整理の手続きや流れの説明は詳しくしてありますが、この手続きの特徴は以下の3つです。

 

1. 司法書士が本人に代わって債権者と交渉する

 

2. 高金利であった場合は、利息制限法で引き直しをした残額を返済する

 

3. 分割返済の場合は、将来利息を免除した上で和解する

 

任意整理は、司法書士が裁判所を通さずに、直接、相手業者と話をして、返済の条件を決めていきます。

 

よって、本人が直接、債権者と話をする必要はありません。

 

もちろん、利息制限法を超えるような金利で借入れをしていた場合は、取引当初から18%で引き直し計算をします。

 

そして、それでも残った借金があれば、それを返済しますが、利息制限法で引き直し計算をすることで、すでに借金がすべてなくなって、逆に過払い金が発生していることが明らかになった場合には、任意整理ではなく過払い請求に移行します。

 

よって、当初は任意整理のつもりで取引履歴を取り寄せてみたが、調べてみたらすでに過払いだったということは、決して珍しくありません。

 

なお、ここでの話はあくまでも引き直し計算をしても、借金が残っている場合のことです。

 

借金が残っている場合、金額がごくわずかであれば一括払いということもありえますが、ほとんどの場合は分割払いとなります。

 

その際に、和解した以降に支払う借金については、すべて無利息にしてもらって、残っている借金の残金を分割で支払うのが基本です。

 

例えば、36万円の借金を3年で払う場合は、毎月1万円の36回払いとなります。

 

もし、36万円に利息を付けて支払わなければいけないとなると、たとえ1万円を36回払っても、借金がゼロになることはありませんので、無利息での分割返済は任意整理の大きな特徴といえます。

 

しかし、近年は、サラ金系の業者(アコムやアイフルなど)やカード会社の一部で、無利息での分割返済を認めずに将来利息を要求してきたり、ひどいところは一括返済しか認めず、分割返済には一切応じないというスタンスのところもあります。

 

ところで、もともと利息制限法の範囲内で貸付けをしている場合には任意整理をするメリットがないのではないかと誤解されている方もいます。

 

しかし、すでに述べたとおり、任意整理の特徴の一つに、将来利息を面書しての分割返済がありますので、和解した時点の借金の額は変わらなくても、和解した以降の支払いには利息がかかりませんので、将来利息を免除してもらえれば任意整理をするメリットはあります。

 

なお、上記のアコムやアイフル等は将来利息の免除に応じませんが、もし、取引当初が高金利であれば借金の総額自体はある程度減少しますので、仮に、将来利息を付けての和解をしたとしても、借金の減少分についてはメリットがあるといえます。

 

これに対し、もともと法定金利内の貸付けであった場合で、しかも、将来利息の免除に応じないとなると、たとえ司法書士に依頼をしても任意整理をするメリットがありません。

 

貸金業者がどのような対応をするかについては、今までの経験上把握しているので、事前に借入先を教えて頂ければ、任意整理をするメリットがあるのかどうかについての判断をすることが可能です。

 

よって、借金の返済に行き詰っている場合には、速やかにお近くの司法書士に相談してみてください。

 

当事務所も千葉近郊にお住まいの方でご来所可能な方であれば、受任することができますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら