任意整理がうまくいかない場合

住宅ローンを滞納をしたときの解決手段の一つとして任意整理が挙げられますが、もちろん利用に適さない場合もあります。

住宅ローンのがある場合に、任意整理ができる条件として、今までどおり住宅ローンを支払ったうえで、なおかつ、住宅ローン以外の借金を返していけるだけの収入があるかどうか、があります。

任意整理で毎月支払うことになる金額は利息制限法で引き直しをした残額を、3~5年で分割した金額です。

よって、住宅ローン以外の借金が180万円だと3年で毎月5万円、5年で毎月3万円の返済が必要となります。

つまり、住宅ローン以外に毎月3~5万円の返済ができるだけの収入があるかどうかが、任意整理できるかどうかの分かれ目になるわけです。 

しかし、近年は任意整理の原則である無利息での分割返済に応じない業者も出てきました。

では、無利息での分割返済に応じない業者とはどういった類のものかについて書きたいと思います。

まず、無利息での分割返済に応じない業者は、総じてサラ金系の業者です。

これに対して、信販系の業者から、今のところ無利息での分割返済に応じないと言われたことはありません。

よって、任意整理がうまくいくかどうかは、借入先によって大きく異なります。

つまり、任意整理がうまくいく可能性は、借入先が信販系の業者の方がサラ金系より高いといえます。

借入先がどこかによって、任意整理できる可能性が変わってしまうのは納得がいかないところではありますが、現実的には各業者によって対応が大きく異なるので致し方ないといえます。

 この辺は運不運も関係してきてしまいますが、信販系の借入れがほとんどであれば、長期の分割返済に無利息で応じてもらえる可能性が高いので、それだけ任意整理で自宅を守れる可能性が高まるわけです。

あとは、毎月の手取収入と借金の総額の関係で、支払いができるかどうかが決まることになります。

任意整理では3~5年の分割返済で各社と和解をしていきますが、依頼者が強く任意整理を希望しても客観的には困難なのではないかと思うこともあります。

ところで、報酬を一括で支払える方は滅多にいないので、ほとんどが分割払いとなります。

そのような場合、依頼者の方には当事務所への報酬の支払いが滞るようでは任意整理は難しいと伝えます。

依頼者 「先生、なんとか分割で返していきたいんです」

私 「そうですか・・・○○さんの場合、任意整理で済むかどうかは微妙です。無理して任意整理をするよりは個人再生や自己破産を検討された方がいいかもしれませんよ」

依頼者 「借りたものはなるべく全部返したいんです。お願いします!」

私 「わかりました。では、当事務所が各社に受任通知を送ることでいったん請求は止まるのですが、その間に報酬を分割で支払って頂くことになります」

   「○○さんの場合、任意整理だと最低でも毎月の返済額は3万円くらいになると思われますので、試験的な意味も兼ねまして、これからは毎月3万円を当事務所にお支払い下さい」

   「これが滞るようではそもそも支払に無理があるということなので、任意整理を見直す必要が出てきます」

依頼者 「わかりました。必ず毎月振り込みをします」

任意整理をすれば、その後、3~5年は返済が続きます。

1度でも支払を怠れば、たちまち返済が行き詰ってしまう可能性も高いので、任意整理を検討する場合は毎月の返済額が一月の手取収入からある程度余裕をもった返済できる額である必要があります。

あまりにも余裕がない金額で和解をしますと、精神的なゆとりも無くなってしまい、いずれ破たんしてしまう可能性が高いのです。

その辺の金額を見極めるのも我々専門家にとっては大切な仕事だと思います。

また、配偶者に内緒にしたままですと、任意整理もなかなかうまくいきません。

夫婦の場合、妻が夫に内緒で夫名義のカードを作り、そのカードで借金をしてしまっていることがあります。

このような場合、債務整理をするにはあくまでもカードの名義人である夫からの依頼が必要となります。

妻 「借金が膨れ上がってしまい、どうにも返済することができませんのでなんとかなりませんでしょうか?」

私 「では、まず現在の借り入れ状況を教えて頂く必要がありますので古い借入れから順に教えて下さい」

     (中略)

   「・・・となると借金は全部で4社、負債合計は200万円程度ですね?これ以外には一切は借入れはありませんか?」

妻 「実は、私以外にも夫名義で借金がありまして、夫には内緒なんです・・・」

   「どうにか夫には内緒で借金を整理できませんでしょうか?」

私 「そうですか、旦那様の借入れに関しては、旦那様からのご依頼がありませんと債務整理を開始することができませんので、奥様からのご依頼では旦那様名義の借入分を整理することはできないんですよ」

妻 「そうですか・・・夫の分は1社だけなので夫名義の借入れは今まで通り返済してはダメですか?」

私 「それは構いませんよ。どうしても内緒にしたいということであればそうしましょう」

今回は夫名義の借入額がそれほど高額ではなかったため、なんとか妻の借入分の任意整理 だけで済みました。

今回のように妻が夫に内緒で夫名義のカードを作り、借金をしてしまっているという事例は珍しくありません。

そのような場合、妻は夫にバレることを恐れてなんとか返済をしようとするあまり、借金の額が通常よりも大きくなっていることがあります。

確かに内緒で借りてしまった手前、借金のことを打ち明けることをためらってしまう気持ちはよく分かります。

ただ、債務整理は早め早めが肝心なので、今回のような場合でもできるだけ早く借金の存在を打ち明けて欲しいものです。

次は、一度も返済をしないまま任意整理をしなければいけないケースの話です。

任意整理を前提で受任したAさん。

負債総額は約450万円(8社)なのですが、収入から判断すると毎月8万円の返済が可能とのこと。

このくらい負債が大きいと本来は個人再生を選択した方が良いケースが多いのですが、Aさんの強い希望もあり、任意整理を選択することに。

各社が60回払いに応じてくれればなんとか毎月8万円以下になるので任意整理できる可能性あり。

ただ、1つ問題があり、それは最後に50万円の借入れをしたのがCFJについて。

なんと、同社に対しては借入れをしてから1度も返済をしていなかったのです。

通常、CFJは60回払いに応じてもらえるのですが、さすがに1度も返済していないとなると分割払いに応じてもらえるかは分かりません。

しかし、今回Aさんが任意整理できるかどうかはCFJにかかっているといっても過言ではないので、ダメ元で60回払いの分割案を提示したところ・・・

CFJ 「Aさんの件ですが、こちらは1回も返済されていませんよね?」

私 「そうですね、本当に申し訳ございません」

CFJ 「今回みたいに1回も返済していないとなると、うちとしても少なくても初回支払い日までの利息は付けてもらう必要がありますよ」

私 「元金だけでは無理ですか?」

CFJ 「それでは稟議が通りませんね」

私 「わかりました。では、支払い日までの利息を付けますので、なんとか60回で和解をお願いします」

CFJ 「了解しました。では、その内容で稟議を通してみます」

通常、任意整理の場合は残元金で和解するのが基本ですが、今回のように50万円を借りて1回も返済していないと、CFJに限らずどの債権者であっても、元金だけでの和解には応じてもらえない可能性が高いと思います。

そのような場合、今回のように多少の利息を付けたり、分割回数を少なくしたり、もしくは一括返済でなければ和解に応じてもらえないこともあり得ます。

いずれにせよ、AさんはCFJさえ和解できれば他社も何とかなりそうなので一安心です。

次は、すでに裁判を起こされてしまった方のケース。

Aさんから任意整理の相談を受けましたが、その時点ですでにモビットから提訴されていたので、すぐに電話を入れました。

私 「分割で返済しますから訴訟は取り下げてもらえないですか?」

モビット 「それは無理です。分割返済は構わないですが裁判上で和解する必要があります」

私 「どうしてもダメですか?」

モビット 「はい、社内で決まっているもので」

私 「わかりました。では、60回の分割払いでお願いします」

モビット 「了解です。では、その内容で話を通しておきます」

私 「あと、○月○日の期日ですが、都合がつかないので和解に代わる決定でいいですか?」

モビット 「いいですよ」

私 「では、それでお願いします」

※和解に代わる決定・・・今回のケースでいえば、被告であるAさんの代理人である私が裁判所から指定された期日に出廷しなくても、被告からの和解案(上記でいえば60回の分割払い)に原告であるモビットが応じ、その旨を裁判所に伝えればその内容で裁判所が和解と同じ効力がある決定を出すこと

モビットに関しては後日、上記の内容で裁判所から和解に代わる決定書が届きました。

これで一安心と思っていたら、その後すぐにシンキからも提訴されました。

訴状の日付を見ると、受任日直前でした。

ということは、受任する前にシンキの社内ではすでに提訴することが決まったいたようで、受任通知を送っても行き違いで提訴になったようです。

すぐに、モビットと同じように訴訟を取り下げてもらえるか聞いてみましたが、やはりダメでした。

そこで、再び和解に代わる決定を提案し、シンキもこれに応じたため和解に代わる決定で決着しました。

このように返済が滞ったまましばらく放っておくと債権者から提訴されてしまいます。

そうなる前にも返済ができないと思ったらすぐに弁護士や司法書士に債務整理の相談をされることをお勧めいたします。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら