任意整理がうまくいかない場合

住宅ローンを滞納をしたときの解決手段の一つとして任意整理が挙げられますが、もちろん利用に適さない場合もあります。

 

住宅ローンのがある場合に、任意整理ができる条件として、今までどおり住宅ローンを支払ったうえで、なおかつ、住宅ローン以外の借金を返していけるだけの収入があるかどうか、があります。

 

任意整理で毎月支払うことになる金額は利息制限法で引き直しをした残額を、3~5年で分割した金額です。

 

よって、住宅ローン以外の借金が180万円だと3年で毎月5万円、5年で毎月3万円の返済が必要となります。

 

つまり、住宅ローン以外に毎月3~5万円の返済ができるだけの収入があるかどうかが、任意整理できるかどうかの分かれ目になるわけです。

 

しかし、近年は任意整理の原則である無利息での分割返済に応じない業者も出てきました。

 

では、無利息での分割返済に応じない業者とはどういった類のものかについて書きたいと思います。

 

まず、無利息での分割返済に応じない業者は、総じてサラ金系の業者です。

 

これに対して、信販系の業者から、今のところ無利息での分割返済に応じないと言われたことはありません。

 

よって、任意整理がうまくいくかどうかは、借入先によって大きく異なります。

 

つまり、任意整理がうまくいく可能性は、借入先が信販系の業者の方がサラ金系より高いといえます。

 

借入先がどこかによって、任意整理できる可能性が変わってしまうのは納得がいかないところではありますが、現実的には各業者によって対応が大きく異なるので致し方ないといえます。

 

この辺は運不運も関係してきてしまいますが、信販系の借入れがほとんどであれば、長期の分割返済に無利息で応じてもらえる可能性が高いので、それだけ任意整理で自宅を守れる可能性が高まるわけです。

 

あとは、毎月の手取収入と借金の総額の関係で、支払いができるかどうかが決まることになります。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら