任意整理の概要

住宅ローン以外の借金の返済が苦しい場合、それらの借金を任意整理することで、住宅ローンもまた返済できるようになるかもしれません。

 

そういった場合に、適しているのが任意整理です。

 

任意整理であれば、特定の債権者だけを対象にすることができるので、たとえば、住宅ローンには手を付けないことも可能です。

 

また、車のローンもあるような場合は、それも除外することで家や車を手放さずに、その他の借金だけを整理の対象とすることができます。

 

ただし、除外する以上は、それ相応の収入があることが条件です。

 

つまり、家や車のローンは今までどおり支払ったうえで、なおかつ、任意整理対象の借金を毎月返済できるだけの収入があることが条件となります。

 

では、任意整理をすると、どういった条件での支払いにになるのかをみていきたいと思います。

 

まず、任意整理の原則は、将来利息は免除したうえでの分割返済です。

 

将来利息というのは、今後支払うはずであった利息のことです。

 

たとえ、分割払いにしてもらっても、今までと同じ利息を取られていたら任意整理をする意味がありませんので、将来利息の免除が原則です。

 

次は、分割払いにしてもらうことです。

 

期間はケースバイケースですが、標準は3年です。

 

よって、住宅ローン以外の負債を3年で払えそうであれば任意整理ができる可能性があります。

 

たとえば、住宅ローン以外の借金が108万円あるとします。

 

108万円を3年(36回)で割ると、毎月の返済額は3万円になります。

 

住宅ローンを毎月7万円支払っているとしたら、それ以外の借金の返済が毎月3万円になります。

 

つまり、住宅ローン以外に毎月3万円を支払うだけの手取収入があるのであれば、任意整理でマイホームを守ることができるかもしれないわけです。

 

ただし、ここ最近は一部のサラ金業者が、将来利息の免除に応じなかったり、一括返済でないと和解しないといった強硬な態度を取るところがあります。

 

こういった業者が含まれていると、任意整理全体の計画が立たなくなってしまい、結果的に個人再生を選択せざるを得ないといったことも、今後は出てくる可能性があります。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら