破産との違い

個人再生は、平成13年4月に施行された比較的新しい借金の法的整理です。

一言でいえば、裁判所の認可によって借金を減額してもらう手続きといえます。

 

住宅ローンがある場合とない場合のどちらでも利用することができますが、もし、ある場合には住宅ローン特則を利用することによって、住宅を手放さないで済む可能性がある点が最大の特徴です。

つまり、マイホームを保有したまま住宅ローン以外の借金を大幅にカットできるわけです。

 

では、どのくらいの借金がカットできるかですが、原則的に500万円以下の借金であれば100万円に圧縮できます。

 

例えば、サラ金やカード会社からの借金の総額がちょうど500万円あった場合は、その借金が100万円まで減るということになり、実に400万円もカットできるわけです。

 

なお、最低返済額は100万円と決められており、これを3年で返済することになるので、一月当たりの返済額は約3万円となります。

 

これには一部例外はあるのですが、基本的に毎月3万円の返済ができるだけの安定収入があれば、個人再生を利用できる可能性があると考えてよいでしょう。

さらに、破産とは異なり、個人再生には免責不許可事由や職業制限もありません。

破産の場合、ギャンブル等での借金は免責(借金が免除されること)されにくく、また、破産すると保険外交員や警備員などの職業に一定期間就けなかったり、取締役に就いている人は退任しなければならないという制約があります。

しかし、個人再生は、このような免責不許可事由や職業制限もありません。

 

これは、個人再生が破産のように借金を帳消しにする制度ではなく、大幅に借金が少なくはなりますが、返済を続けていく制度なので、その借入原因は問わないこととしているからです。

 

また、返済を続けていかなくてはいけない以上、職業制限を課すことは適当ではないため(職業制限により仕事を辞めなければいけないとなれば返済ができなくなってしまうため)、どんな仕事でも自由に続けることができます。

よって、ギャンブルや浪費が主な原因で借入れをしてしまっている場合や、現在の職業が破産の職業制限に引っかかるような場合には、仮に住宅ローンがなくても個人再生を選択した方がよい場合があります。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら