住宅ローンが払えなくなった時の相談先

住宅ローンが払えなくなったからといって放置するのは絶対にいけません。

 

なぜなら、4ヶ月程度放置していると、銀行の保証会社が代位弁済をして、その後、裁判所での競売手続きに入ってしまうからです。

 

競売手続きで新たな買受人が見つかれば、その不動産の所有権が買受人に移るので、最終的には強制退去になってしまいます。

 

なお、立ち退き料をもらえると期待して、最後まで粘るのは得策ではありません。

 

近年は、法的にも強制退去の環境が整っているので、わざわざ立ち退き料を支払うような買受人はほとんどいないからです。

 

よって、もし、住宅ローンが払えなくなったら、すぐに相談するのがよいでしょう。

 

どこに相談すればよいかですが、まずは、当初借入れをした金融機関に支払方法の見直しをお願いしてもらいましょう。

 

支払いが厳しくなったからといって、借入先の銀行等に相談に行くのは恥ずかしい気もしますが、

 

もし、支払方法の変更で今の問題がクリアーできるのであれば割り切って相談するのがいいに決まっています。

 

銀行もそういった支払方法の変更に関する相談は日々受けているので、特段、珍しいこととは思いませんので、きちんと誠意をもって相談すれば応えてくれるはずです。

 

ただ、支払方法の見直しで解決できるのであればいいのですが、住宅ローン以外に借金がある場合は、お近くの司法書士等の専門家に相談した方がよいでしょう。

 

住宅ローン以外の借金があれば、その借金だけを対象にして任意整理をすることもできますし、

 

それでも解決できそうにない場合は、裁判所に個人再生を申し立てることも検討しなければいけません。

 

よって、住宅ローンが払えなくなったからといって、すぐに任意売却を検討するのではなく、個人再生などで住宅を手放さずに済むかどうかを検討することが大切です。

 

この辺の判断は一般の方には難しいと思いますので、とにかく早めにお近くの司法書士等に相談すべきです。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら