住宅を手放さずに借金を整理する方法

住宅ローンが返せなくなっても、できることならマイホームを残したいと思うのが普通です。

 

では、どうすればマイホームを残せるのか?

 

ところで、マイホームが返せなくなってしまった場合では、住宅ローン以外にもサラ金等から多額の借金をしてしまっている方がほとんどです。

 

これは、住宅ローンだけは何としてでも支払わねば、という強い気持ちから、住宅ローンを払うためにサラ金等から借金をしてしまうといった悪循環に陥ってしまうからです。

 

こういった場合、サラ金等から借金をする前に借入先の金融機関に事情を説明し、住宅ローンの支払方法を変更してもらうというのも一つの手です。

 

ただ、銀行等にそういった相談をするのは何となく恥ずかしいと思ってしまい、相談をせずに他からの借金で住宅ローンを支払っているケースも少なくありません。

 

もし、住宅ローンが払えなくなった理由が給料の一時的な落ち込みで、その後、給与が上がったりしているのであれば、

 

サラ金等の借金がなくなったり、なくらないまでも返済額が少なくなれば、今までどおりに住宅ローンを支払うことができる場合があります。

 

また、収入が一定水準以上あり、毎月の収入で住宅ローン+αの返済をすることができるのであれば、個人再生ができるかもしれません。

 

そこで、このαがどのくらいかが問題となります。

 

個人再生では、住宅ローン以外の借金が500万円までであれば、返済しなければいけない借金を100万円に圧縮できます。

 

個人再生が認められれば、その100万円を3年で返済することになるので、毎月の返済額は3万円弱になります

 

つまり、住宅ローン以外のαの金額は、3万円ということになります。

 

このように、毎月住宅ローン以外に3万円を支払うだけの収入があれば、個人再生でマイホームを守ることができる可能性があるわけです。

 

よって、継続して安定した収入が見込める方であれば、個人再生できるのかどうかを検討してみる必要があるわけです。

 

もし、裁判所で個人再生が認められれば、自己破産をしなくて済みますし、任意売却等で住宅を手放す必要もありませんので、

 

住宅ローンに加えて、プラス3万円を支払うだけの収入があるのであれば、一度、お近くの司法書士に個人再生の相談をしてみるのがよいと思います。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら