自己破産で再スタート

破産という言葉を聞くと、もう人生終わりだと思ってしまう方もいらっしゃいます。


しかし、これは全くの誤解です。

 

そこで、ここでは自己破産にまつわる大きな誤解を解いていきたいと思います。


まず、破産をしても、ほとんど誰にも知られることはありません。

 

また、家や高価な物(およそ20万円以上の価値のある物)は取られますが、それ以外の家財道具等は処分されません。


もちろん、戸籍や住民票にも載りませんし、家族にも迷惑は及びません。

 

なお、役所関係で破産した旨が載るのは身分証明書のことです。

 

ここでいう身分証明書というのは、一般的に運転免許証等の身分証明書のことではなく、その者が被成年後見人や破産者等でないかを証明するもので、通常の日常生活では使用することはまずありません。

 

破産した場合には、免責になるまでの数ヶ月間は破産者となりますが、その間は警備員や保険外交員になれない等の資格制限があります。

 

そのため、役所が発行する身分証明書において、破産者でないことを証明するために身分証明書というものを使うことがあるのですが、特定の仕事に就く場合にしか利用することはまずありません。

 

もちろん、第三者が勝手に身分証明書を閲覧することもできません。

 

ただし、破産をすると官報に2回掲載されるので、この点では外部に破産したことが知られてしまう可能性があるといえます。

 

とはいえ、普通の人であれば官報を毎日チェックすることなどありませんので、官報でバレる心配もまずないと考えられます。

 

なお、親族等が支払義務を負うのは、その親族が連帯保証人になっている場合に限られます。

 

よって、連帯保証人になっていないのであれば、たとえ夫婦であっても、一方が借入れをした借金の支払義務はありません。


破産すれば、借金のない状態で第二の生活がスタート出来ます。


借金をしたことに悩み、自殺する必要などありませんので、まずはお近くの司法書士などに相談してみてください。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら