過払い金の調査

過払い金を回収することで住宅ローンの滞納を解消できる可能性があるわけですが、その過払い金の有無を調べるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

まずは、相手業者から取引履歴を開示してもらいます。

 

具体的な方法としては、相手業者に電話をし、今までの取引履歴を送るようにお願いすればOKです。

 

この電話だけで郵送してくれる業者もいますが、開示請求書を送るので、それに署名押印して返送してください、と言われる場合もあります。

 

また、返済中の場合だと、電話をかけたことがキッカケで、これ以上の返済はしないでもいいから、その旨の示談書にサインしてくれ、等と言われることがあります。

 

そういった場合、すでに借金がなくなって過払い状態になっていることは明らかで、相手業者としては示談書にサインさせることで、過払い請求権を行使させないようにしたいのです。

 

なぜなら、示談書には通常、清算条項というものがあり、ここには「甲と乙の間には、本件取引以外には何らの債権債務がないことを確認する」等と書かれているからです。

 

つまり、示談をするとこちらから相手業者に対して、過払い金返還請求権があっても、それを行使しませんと約束してしまうことになるわけです。

 

よって、取引履歴の開示請求のために電話をかけたところ、そういった示談書の話をされたら、とにかくまずは取引履歴を送るように伝えて、それを見てからではないと何も判断できないと答える必要があります。

 

いずれにせよ、過払い金の有無を調べるには、まずは取引履歴履歴を開示してもらうことになります。

 

なお、司法書士などの専門家に依頼をした場合、取引履歴の開示も代行してくれますので、ご自分でする必要はありません。

 

また、当事務所では千葉県近郊の方に限定してはおりますが、ご自分で取得した取引履歴を無料で引き直し計算するサービスをしておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら