過払い金で遅れを解消

住宅ローンが返せなくなったら、まずは過払い金が回収できないかを検討します。

 

過払い金というのは、利息制限法を超える金利を支払ったときの払い過ぎた利息のことで、いわゆるグレーゾーン金利といわれるものが原因で発生するものです。

 

サラ金はもちろん、信販会社であっても一昔前のキャッシングは利息制限法を超える高金利であることが珍しくありませんでした。

 

よって、カードでショッピングをしただけでなく、キャッシングをしていたことがあるのであれば、一度、過払い金の存在を疑ってみる価値はあります。

 

そこで、まずは利息制限法の上限利率について解説します。

 

貸金業者は長いこと、利息制限法以上出資法未満の利率で貸付けをおこなってきました。

 

この原因の一つにみなし弁済というものがあります。

 

これは、利息制限法では上限は20%ですが、一定の要件を満たした場合に、20%を超える金利を認めるというものです。

 

このみなし弁済の規定ができたのを機に、貸金業者は一定の要件を満たしていないにもかかわらず、こぞって利息制限を超える金利で貸付けをおこないました。

 

しかし、平成18年の最高裁判決により、みなし弁済が事実上否定され、グレーゾーン金利が認められる余地がなくなりました。

 

そのため、今まで高金利で苦しんでいた借主が過払い金返還請求という強力な武器を手に貸金業者に逆襲を始めたのです。

 

つまり、20%を超える金利を払っていた場合は、過払い請求の対象になるわけです。

 

もし、住宅ローンの滞納が一時的なものであれば、ある程度まとまったお金が手に入れば解決できます。

 

そういった場合に過払い金が役に立つわけです。

 

もし、過去に高金利で、すでに完済したことがあるのであれば、今からでも過払い金を回収できる可能性があります。

 

なお、過払い金の時効は、取引が終了してから10年なので、すでに返済し終わっている業者に対しても過払い請求が可能となります

 

よって、過去に高金利の貸金業者から多額の借入れを長期間していたような事情があれば、そこから過払い金を回収することで、住宅ローンの滞納を解消できる可能性があるわけです。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら