過払い金が発生するワケ

過払い金というのは払い過ぎた利息のことです。

 

では、なぜ、利息を払い過ぎてしまったのかというとグレーゾーン金利が原因です。

 

グレーゾーン金利というのは利息制限法を超える金利のことです。

 

本来は、利息制限法が上限であるにもかかわらず、みなし弁済という制度のために、利息制限法を超える金利が認められました。

 

しかし、利息制限法を超える金利であるため、みなし弁済が認められるには厳しい要件が規定されましたが、

 

多くの貸金業者はきちんと要件を満たしていないにもかかわらず、高金利での貸付けをおこなってきました。

 

その後、みなし弁済の成立をめぐっては、各地の裁判所で争われてきたのですが、

 

ついに平成18年の最高裁判決で、みなし弁済が認められることが事実上ないことが決まりました。

 

そもそも、利息制限法を超える金利での貸付けを認めるみなし弁済自体に無理があったと思われますが、

 

当時は、本来は厳格な要件が課せられているにもかかわらず、制度があることをいいことに、多くの貸金業者が高金利での貸付けをおこなってきたのが実態です。

 

しかし、平成18年の最高裁判決により、みなし弁済が認められることがなくなったので、

 

過去に払い過ぎた利息を返してもらう過払い金返還請求が全国各地で起きるようになり、現在に至るわけです。

 

なお、過払い請求のピークは2~3年ほど前で、近年は件数が激減しており、今後も請求自体は減少の一途をたどると思われます。

 

とはいえ、いまだ過払い金の存在に気付かずにいる方もいることは間違いなく、過払い金で住宅ローンの延滞を回収できる可能性があることも事実です。

 

なぜなら、住宅ローンの滞納を回避するために、高金利の借入れを長年していたようなケースでは、

 

過払い金を回収することで、住宅ローンの延滞金を払える場合もあるからです。

 

よって、過去に高金利の借入れをしていた方、現在も金利が高い借入れを続けている方は、過払い金の有無を疑った方がよいでしょう。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら