住宅ローンの滞納と過払い金

近年、盛んに耳にする過払い請求という言葉。

 

テレビやラジオのCM、新聞や雑誌の広告など様々な媒体で宣伝されていますが、この過払い金で、住宅ローンの延滞を解消できる場合もあります。

 

もし、過去に高金利の借入れを完済していれば、その業者から過払い金を回収することで、住宅ローンの延滞金を支払えるかもしれません。

 

また、過去に完済していなくても、現在借り入れが残っている借金が利息制限法で引き直し計算をすることで、実際には過払いだったという可能性もあります。

 

よって、住宅ローン以外に高金利の借入れがある場合、もしくはあった場合は過払い金の存在を疑ってみることが重要です。

 

うまくいけば、過払い金を回収することでマイホームを守れる可能性があるかもしれません。

 

ところで、過払い金というのは払い過ぎた利息のことです。

 

では、なぜ、利息を払い過ぎてしまったのかというとグレーゾーン金利が原因です。

 

グレーゾーン金利というのは利息制限法を超える金利のことです。

 

そもそも、利息制限法が上限であるにもかかわらず、違反しても罰則がない反面、

 

貸金業規制法では、みなし弁済という制度があったため、数年前までは利息制限法を超える金利が認められていました。

 

しかし、利息制限法を超える金利であるため、みなし弁済が認められるには厳しい要件が規定されていましたが、

 

実際にはその要件を守っていないにもかかわらず、高い金利で貸付けをおこなっている貸金業者が多かったのです。

 

その後、全国各地の裁判所でみなし弁済の成立が争われ、ついに平成18年の最高裁判決で事実上、みなし弁済が認められることはないことになりました。

 

そもそも、みなし弁済という制度自体に無理があったと思われますが、当時は、多くの貸金業者がみなし弁済を根拠に利息制限法を超える金利で貸付けをしていました。

 

しかし、平成18年の最高裁判決により、みなし弁済が認められることがなくなったので、

 

過去に払い過ぎた利息を返してもらう過払い金返還請求が全国各地で起きるようになり、現在に至るわけです。

 

このため、住宅ローンの滞納を回避するために、高金利の借入れを長年していたようなケースでは、

 

過払い金を回収することで、住宅ローンの延滞金を払える場合もあるわけです。

 

よって、過去に高金利の借入れをしていた方、現在も金利が高い借入れを続けている方は、過払い金の有無を疑った方がよいでしょう。

 

過払い金の有無を調査するためには、借入先の貸金業者から取引履歴を取り寄せる必要がありますが、

 

当事務所では千葉県近郊にお住まいの方に限り、無料で引き直し計算をおこなっておりますので、興味のある方はお気軽にご利用ください。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら