ギャンブルや浪費による借金の整理

洋服やバッグ、ギャンブル、飲み代など浪費で積み重なった借金は整理できないと思っている方がいますが、任意整理は、司法書士等の専門家が代理人として債権者との間に入って、裁判所を通さずに和解するのでギャンブルなどの理由で作った債務でも整理することができます。

 

確かに、ショッピングでの借入れはもともと金利が低いので、借金の総額が減ることはありませんが、最後の返済から和解締結までに発生した経過利息や、和解後に発生するはずだった将来利息をカットして分割で和解することができる場合があります。

 

しかし、アイフルやアコム等の一部のサラ金業者の中には、経営悪化などを理由に一括払いや利息を付けないと分割和解には応じないところもあり、貸金業界の状況も日々悪化しているのも確かです。

 

そこで次に考えられる方法は、すべての借金を帳消しにできる自己破産です。

 

「免責を受けて第2の人生を再スタート」と思いたいところですが、借金の主な原因がギャンブルや浪費の場合は、免責を受けられない免責不許可事由に該当してしまうので、免責を受けるためにはかなり困難な道のりが待っています。

 

とはいえ、最終的に免責を許可するかどうかは裁判所の裁量にゆだねられているので、免責不許可事由の内容や本人の反省の度合いによっては、今後の更生の可能性を考えて免責が認められる場合が少なくありません。

 

具体的には、反省文の提出や家計簿の作成などを条件として同時廃止事件として認められる場合もあれば、破産管財人が選任されるケースもあります。

 

なお、管財事件になると、破産手続中は管財人による郵便物のチェック等や追加資料の提出も経て、免責が認められることが多いです。

 

また、管財人が選任されると、管財人費用として20~50万円を一括で裁判所へ支払わなければいけないところが最大の関門です。

 

もともと、お金がないから破産をしているのに、一括で管財費用を用意できる場合は稀なので、あらかじめ管財事件になりそうな場合は、手続き開始当初から積み立てを開始する等して費用を工面しておく必要があります。

 

そして最後に考えられる方法として個人再生というものがあります。

 

個人再生の場合、借金をした理由については問われないため、ギャンブルや浪費による場合でも、継続して安定した収入があれば個人再生を利用できる可能性は十分にあります。

 

個人再生における最低返済額は100万円とされているので、この金額を支払える収入が継続的にあれば、住宅ローンが無い場合でも利用できるので検討に値する選択肢の一つだと思います。

 

このように、借金や浪費が原因で作ってしまった借金でも、整理することができないというわけではありませんので、まずはお近くの司法書士等に相談してみることが大切です。

 

当事務所でも千葉を中心に1500人以上から依頼を受けてきましたのでお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら