住宅ローンの借入先

家を買う時、多くの人が住宅ローン組むかと思います。

マンションや分譲住宅の場合、販売業者が提携している金融機関のローンならば比較的借り易いと思います。

しかし、どこの金融機関で借りるかは、もちろん借主の自由です。

住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)、銀行、信用金庫、ノンバンク系、勤務先など、いろいろあります。

金利や融資条件もいろいろですが、JA(農協系統)という選択肢もあります。

元JAの知り合いから聞いた話なので、あくまでも個人的な見解ではありますが、JAは他の金融機関と違って、会社ではないため、必ずしも営利を追求していません。

そのため、取立てもそれほど厳しくなかったり、何よりも返済条件の緩和に応じてくれ易かったり、他の金融機関よりも、のんびりというか、そんな雰囲気がある気がします。

金融機関によっては、融資したら付き合いは終わりというところもありますが、JAは融資だけだなく、後々まで付き合いが続くこともあります。

住宅ローン先を選ぶ時は、目先の金利や知名度だけでなく、長きに渡り返済するわけですから、生活全般と金融機関とのつながりも一考かと思います。

 

なお、ゆうちょ銀行は、スルガ銀行の代理店としての住宅ローン業務を取り扱っています。

 

ゆうちょ銀行としては、自身で住宅ローンを取り扱えるようにしたいようですが、大手都市銀行より多い預金残高、全国津々浦々にある支店網などから人気が出そうなこともあり、他の金融機関は反対しているようです。

 

今後、ゆうちょ銀行が自前の住宅ローンを扱えるようになるかは分かりませんが、利用者は単に金利だけに目をとらわれず、長い目で見て本当に親身になってくれるところを探した方がよいと思います。

 

ただ、住宅ローンを借りるといっても、途中でより金利の低いところへ借換えをすることもあるので、一度、借りたら途中で変更できないというわけではありません。

 

最近は、住宅ローン金利がかなり下がっているので、借換えるケースも珍しくないようです。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら