アウロラ債権回収から「連絡依頼」が届いた場合の対処法

アウロラ債権回収から「連絡依頼」が届いた場合の対処法

滞納された借金は債権譲渡される

借金を滞納していると、債権が転々と譲渡されることは珍しくありません。法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)の間で譲渡されることもあります。

今回のケースでは以下のような変遷の末に、SKトラスト・パートナーズ株式会社(東京都港区)から回収業務を受託したアウロラ債権回収の「連絡依頼」が届いた事案です。

マルフク ➡ エイアイシー債権回収 ➡ SKトラストパートナーズ ➡ アウロラ債権回収

時効の可能性を検討する

債権が転々と譲渡されても、最後に返済してから5年以上の経過で時効の可能性があることに変わりはありません。

よって、アウロラ債権回収から請求されても、まずは時効かどうかを検討することが大切です。時効であれば請求されている全額(利息、遅延損害金、元金など)について支払い義務がなくなります。

安易に電話しない

もし、時効の可能性があると思われる場合は、アウロラ債権回収へ連絡しないように気をつけてください。 

下手に電話をしてしまって、口頭で今後の返済を約束してしまうと、債務の承認となって時効が中断してしまうことがあります。もちろん、一部返済も債務承認になるのでご法度です。

時効が中断する代表例

☑ 電話で返済の話をする

☑ 一部返済する

☑ 示談書などの書類にサインする

時効の主張をするには

時効によって借金をなくすには、内容証明郵便等で適切な手続きを取る必要があります。これを時効の援用といいます。放っておくだけでは勝手に時効は成立してくれません。

放置し続けた場合は、自宅を訪問されたり、裁判所に訴えられる可能性が出てきます。書面で請求されたら時効の手続きをすみやかにおこなうことが大切です。

当事務所にご依頼された場合

千葉いなげ司法書士事務所では、これまでに2000人を超える方の借金問題を解決してきました。

時効はもちろんですが、時効ではない場合でも対処できますので、お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。ご依頼をお受けすれば、ご本人様への直接請求や自宅訪問を止めることができます。

消滅時効援用サービスはこちら

※ 認定司法書士は、請求されている1社あたりの借金(利息や損害金は除きます)が140万円以下のものについて代理業務をおこなうことが認められています

当事務所にご来所できない方

遠方にお住まいだったり、仕事が忙しくて当事務所にお越し頂くことができない方は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送のみをおこなう内容証明作成サービスをご利用ください。

最後の返済から5年以上が経過しており、かつ、直近10年以内に裁判所で判決などを取られたことがなければ、内容証明郵便による時効の援用によって借金の支払い義務がなくなり、アウロラ債権回収からの請求もなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アウロラ債権回収への時効実績も豊富です。

アウロラ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら