MUニコスクレジットから「ご連絡のお願い」が届いた場合の対処法

「ご連絡のお願い」が届いた場合の対処法

MUニコスクレジットとは

MUニコスクレジット株式会社は、平成24年に三菱UFJニコス(日本信販)の事業の一部を吸収分割により承継しました。

そのため、三菱UFJニコス(日本信販)の借金を滞納していると、MUニコスクレジットから圧着ハガキなどで「ご連絡のお願い」が届くことがあります。

なお、MUニコスクレジットは、「弁護士法人 子浩(しこう)法律事務所」に回収を委託していることが多いですが、中には直接、自社で請求してくるケースもあります。

安易な連絡は危険

ハガキに詳しい契約内容の表示がなくても、5年以上返済をした記憶がないのであれば、安易な連絡は控えてください。下手に連絡すると、債務の承認となって時効の援用ができなくなることがあります。

すでに5年の時効期間が経過しているものも珍しくありません。MUニコスクレジットの狙いは時効の援用をされる前に、債務承認によって時効を中断させることです。

債務の承認に該当する行為

☑ 電話で返済の話をする

☑ 和解書や示談書を取り交わす

☑ 借金の一部を返済してしまう

一度、時効が中断すると、最低でも5年間は時効の援用ができなくなります。ご自身での対応だとリスクが伴うので、まずは専門家にご相談ください。

司法書士にお願いすると

千葉いなげ司法書士事務所では、これまでに千葉を中心に借金問題だけで2000人を超えるご依頼があります。

時効はもちろんですが、いまだ時効ではない借金の分割返済交渉、裁判所への個人再生や自己破産の申し立てを多数お取扱しています。お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

依頼するメリット

☑ 中断事由がない限り、確実に時効の援用をしてくれる

☑ 本人への直接請求がすぐ止まる

☑ 時効の条件がそろっていない場合は分割和解に移行できる

※ 千葉以外でも東京、群馬、茨城、愛知、埼玉、栃木、神奈川からも多数のご依頼があります

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、MUニコスクレジットへの時効実績も豊富です。

MUニコスクレジットから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談(24時間以内返信)

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら