オリンポス債権回収から「和解のご提案」が届いた場合の対処法

「和解のご提案」が届いた場合の対処法

オリンポス債権回収とは

オリンポス債権回収は、法務大臣の許可を受けたうえで借金の回収を専門におこなっている債権回収会社(サービサー)です。

オリンポス債権回収の場合、原債権者(元の借入先)は、武富士CFJ(ディック、アイク、ユニマットレディース)であることが多いです。

時効の中断に注意

武富士とCFJの借金を滞納したままの場合、オリンポス債権回収から圧着ハガキで「和解のご提案」が届くことがありますが、すでに5年の時効期間が経過している場合は、和解をしてはいけません。

もし、オリンポス債権回収の和解提案に応じてしまうと、その時点で債務承認となり、時効の援用ができなくなります。和解は書面上だけでなく、電話(口頭)でも成立します。

よって、時効の可能性があると思われる場合は、電話は控えてください。

時効の可能性を検討する

時効かどうかは【請求債権に関する表示】の「最終約定弁済期日」で確認できます。この日付が5年以上前のものであれば時効の可能性があります。 

時効の可能性があるとはいえ、中にはすでに判決などの債務名義を取られている場合があります。債務名義というのは、裁判上の手続きである判決、支払督促、特定調停、和解調書などです。

債務名義 ➡ 確定判決、仮執行宣言付支払督促、裁判上の和解、簡易裁判所での特定調停

こういった債務名義を取られてしまっていると、判決などから10年間は時効になりません。

時効の援用手続き

5年の時効期間が経過しているからといって、請求を無視しているだけでは時効は成立しません。この点が刑事事件の時効と異なるところで、一般の方が誤解されている点です。 

借金の時効は借主が内容証明郵便などで時効の通知をすることで初めて成立します。これを時効の援用といい、借金をなくすには時効の援用をするしかありません。

司法書士にお願いするのが安全

相手は債権回収のプロですから、ご自身での対応にはリスクが伴うのも事実です。そのため、時効の手続きは専門家にお願いするのが安全です。

ご依頼いただくことで、すぐに本人への直接請求を止めることができ、電話や手紙での請求が止まります。また、自宅訪問されることもなくなります。

千葉いなげ司法書士事務所では、これまでに借金関係だけで累計2000人以上のご依頼があります。千葉だけでなく、神奈川、群馬、愛知、東京、茨城、栃木、埼玉などからも多数のご依頼があります。

※ 法務大臣の許可を受けた司法書士は、元金(利息や損害金は除きます)が140万円以下の借金について代理業務をおこなうことができます

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談(24時間以内返信)

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら