三菱UFJニコス → 子浩法律事務所

子浩法律事務所から請求された場合の対処法

子浩法律事務所とは

弁護士や債権回収会社(サービサー)は借金の回収を業務としておこなうことができます。

そのため、サラ金やカード会社などの貸金業者が、債権回収に特化した弁護士事務所や法務大臣の許可を受けたサービサーに回収業務を委託することは珍しくありません。

三菱UFJニコスも借金の回収業務を子浩(しこう)法律事務所に委託していることがあります。

時効の場合がある

ニコスの借金を滞納していると、子浩法律事務所から請求書や通知書が送られてくることがあります。

弁護士事務所からハガキなどで請求されると、ついつい支払い義務があるものと決めつけてしまいがちですが、中には支払い義務のない借金も含まれています。

なぜなら、カード会社からの借金にも時効があるからです。ここでいう借金にはキャッシングだけではなく、ショッピングも含まれます。

時効になるには少なくても、最後の返済から5年以上が経過していることが必要です。

時効が中断するとき

5年以上返済をした記憶がないにもかかわらず、子浩法律事務所から請求を受けたような場合は安易な連絡は控えてください。

というのも、借主が時効に気づかないまま、子浩法律事務所に電話をしてしまい、今後の返済を約束してしまったような場合は、債務を承認したことになって時効が中断してしまうからです。

借金の一部を返済した場合も同様に時効が中断します。

時効が中断する事例

☑ 口頭で返済の話をする

☑ 借金の一部を返済してしまう

☑ 示談書は和解書にサインしてしまう

放置しても借金はなくならない

時効だからといって何も連絡せずに放置しているのはどうでしょうか。借金の時効は刑事事件の時効と異なり、時の経過によって自動的に成立するというものではありません。

請求を無視し続けているだけでは、いつまでたっても時効は成立せずに、請求も止まりません。時効によって借金をなくしたい場合は、借主が書面で通知をしなければいけません。

電話は相手のペースで話が進み、時効が中断するおそれがあるので、内容証明郵便でおこなうのが最も安全で確実です。これを時効の援用といいます。

司法書士にお願いした場合

相手は借金の回収に特化した弁護士事務所です。ご自分での対応にはリスクが伴います。もし、ご自身で時効の手続きをおこなうが不安であれば、千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

当事務所ではこれまでに2000人以上の借金問題を解決してきました。時効の援用はもちろんのこと、時効ではない場合の対応もお任せ頂けます。

中断事由がない限り、当事務所の司法書士が内容証明で確実に時効の援用をおこないます。千葉だけでなく東京、栃木、神奈川、埼玉、茨城、群馬を中心に多数のご依頼をお受けしています。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、子浩法律事務所への時効実績も豊富です。

子浩法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら