アビリオ債権回収から請求された場合の対処法

アビリオ債権回収の対処法

アビリオ債権回収とは

アビリオ債権回収は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の子会社の債権回収会社(サービサー)です。プロミス以外の債権者からも債権譲渡を受けています。

千葉いなげ司法書士事務所でもアビリオ債権回収の時効案件のご相談はこれまでも数多く頂いています。

原債権者の多くは、プロミス系(アットローン、旧三洋信販)ですが、以下のとおり、新生銀行グループのレイクなどから債権譲渡を受けて、アビリオ債権回収から請求を受けることがあります。

 主な原債権者

☑ SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

☑ アットローン

☑ 三洋信販

☑ クラヴィス(クロークローン)

☑ 新生フィナンシャル(レイク、GEコンシューマーファイナンス)

☑ シティカード

☑ ジャックス

☑ モビット

 オリックス・クレジット

 サンライフ

催告書が届いた場合の対処法

アビリオ債権回収から催告書が届いても、契約内容の確認もせずに放置したり、逆に聞いたことのない会社名だからといって架空請求と勘違いしないようにしてください。

なお、アビリオ債権回収から送られてくる請求書の主なタイトルは以下のとおりです。必ずしも封書で届くというわけではなく、圧着ハガキで届く場合もあります。

主なタイトル

 債権譲渡譲受通知書

 ご通知

 お知らせ

☑ 催告書

 お電話のお願い

必ずというわけではありませんが、アビリオ債権回収から送られてくる請求書の中には、もともとの契約内容が表示されていることが多いです。

もし、契約内容の詳しい記載があれば「約定返済日」「支払期日」「期限の利益喪失日」といった項目を確認してください。

もし、約定返済日などの日付から5年以上経過しているのであれば、時効の可能性があります。

なお、圧着ハガキの場合は、もともとの債権者の記載があっても詳しい契約内容の表示がない場合も少なくありません。

そういった場合でも、5年以上返済をした覚えがない場合は時効の可能性があるので、下手にアビリオ債権回収に連絡をしないようにご注意ください。

時効の中断とは

下手に連絡をしてしまって、相手のペースで話が進み、残った借金の一部でも返済をしてしまったり、電話で分割払いの話や、債務者(借主)の側から借金の減額をお願いしてしまうと債務の承認となってしまう危険があるからです。

以下のような債務の承認に該当する行為をおこなった場合は、それまで進行していた時効期間がリセットされ、もはや時効の援用ができなくなります。

なお、時効の中断とはそれまでの時効期間がゼロとなったうえで、また一からスタートするという意味なので、一時停止という意味ではありません。

時効が中断してしまう行為の代表例

☑ 借金の一部を返済する

☑ 和解契約書や示談書にサインする

☑ 電話で今後の返済に関する話をする

☑ お金を借りた債務者の方から借金の減額をお願いする

時効の中断はすでに5年の時効期間が経過している場合であっても発生します。

そのため、アビリオ債権回収は債務者が時効制度を知らないことを期待して、あの手この手で時効を中断させようとしてきます。

なぜなら、時効は5年の経過とともに自動的に成立するわけではなく、お金を借りた債務者の方から時効を援用すると債権者に通知をしなければいけないからです。

そのため、アビリオ債権回収は債務者に時効の援用をされる前に、何とかして借金の一部弁済などの債務承認に該当する行為をおこなわさせて、時効を中断させようとしてくるのです。

時効の援用とは

債務者が時効を援用する際の通知方法に特に決まりはありませんが、電話ではなくきちんと証拠を残しておくという観点から内容証明郵便で通知するのが最も安全で確実です。

アビリオ債権回収から何かしらの請求書が届いた場合は、下手に連絡をするのではなく、まずは時効の可能性があるかどうかを検討する必要があります。

専門家にお願いした場合

ご自分で時効かどうかの判断がつかなかったり、時効の援用をすることに不安がある場合は千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

利息や損害金を除いた元金が140万円以下であれば、司法書士が依頼者の代理人となってアビリオ債権回収に時効の通知を送ることができます。

この点、行政書士は単に内容証明の作成をするだけで、依頼者の代理人となることはできないので、行政書士が債権者であるアビリオ債権回収と交渉することは一切できません。

この点が司法書士との大きな違いです。

当事務所にご依頼頂いた場合、すぐに代理人としてアビリオ債権回収に受任通知を送って請求を止めます。

その後、アビリオ債権回収からこれまでの取引履歴を取り寄せて、時効の中断事由がないか確認します。

そのうえで、判決などの債務名義を取られているなどの中断事由がなければ、当事務所の司法書士が代理人として内容証明郵便で確実に消滅時効の援用をおこないます。

もし、時効が中断していることが判明した場合は、そのまま分割返済の和解交渉に移行することも可能です。

千葉いなげ司法書士事務所による消滅時効援用サービス

最後の返済から5年以内の場合

アビリオ債権回収から送られてきた請求書の中に記載されている約定返済日などの日付から5年以内で、かつ、自分の記憶でも最後に返済してから5年以上が経過していないことが間違いない場合は時効の援用はできません。

そういった場合でも千葉いなげ司法書士事務所にご相談頂ければ、現在の経済状況やその他の借金の有無などを総合的に判断して、任意整理で分割返済をするのが良いのか、それとも裁判所に自己破産の申し立てをしなければならないのかを判断することができます。

よって、アビリオ債権回収から請求を受けた場合、時効かどうかにかかわらず、その方に合ったベストな解決方法をご提案することが可能です。

千葉いなげ司法書士事務所では、これまでに2000人以上の借金問題を解決してきた実績がありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

債務名義の記載がある場合

アビリオ債権回収から送付される催告書には、あらかじめ以下のような債務名義の記載がある場合があります。

債務名義というのは、「確定判決」「仮執行宣言付支払督促」のことです。過去に「特定調停」をしていたり、「裁判上で和解」している場合も同様に時効が10年間延長されます。

債務名義の記載例

・種  類 :仮執行宣言付支払督促

・裁判所名 :千葉簡易裁判所

・事件番号 :平成15年(ロ)第○○○○号

債務名義があると時効が10年延長されるので、事件番号の年数から10年未満の場合は時効の援用ができません。

これに対して、判決や支払督促などの債務名義を取られている場合でも、判決からすでに10年以上経過している場合は時効の援用ができる可能性があります。

例えば、記載例の事件番号は平成15年なので、10年後の平成25年以降であれば時効の援用ができる可能性があります。

よって、すでに判決や支払督促などの債務名義を取られていても、それから10年以上経過している場合は時効の可能性があるので、まずは債務名義を取られてから10年以上経過しているかどうかを確認することが重要です。

なお、債務名義を取られていると、給与の差し押さえを受けたり、金融機関の口座を差押される危険があります。

また、債務名義によって強制執行を受けた場合は、そこで時効が中断するので、事件番号の年数から10年以上経過しているからといって、必ずしも時効が成立するとは限りません。

訴状や支払督促が届いた場合

東京簡易裁判所から訴状が届いたり、地元の簡易裁判所から支払督促が届いた場合でも消滅時効の援用ができる可能性があります。

なぜなら、すでに時効期間が経過しているような場合でも、債務者から時効の援用をされていない限りは、債権者が請求すること自体は違法ではないからです。

そのため、アビリオ債権回収は債務者が時効の援用をすることなく、債務の承認に該当するような借金の一部弁済や分割返済の和解契約をすることを期待して、裁判所に訴えてくるわけです。

もし、裁判上で時効の主張をせずに、そのまま放置をしたような場合は、原告であるアビリオ債権回収の請求どおりの判決が出てしまいます。

その結果、判決から10年間は時効が延長されてしまい、本来であれば時効の援用をすることで、支払う必要がなかった借金についてまで支払い義務を負ってしまうことになります。

よって、裁判所から訴状や支払督促が届いた場合は絶対に放置してはいけません。

裁判上で時効の主張をする

裁判所からから訴状や支払督促が届いた場合、まずは時効の可能性があるかどうかを確認します。

それには、訴状や支払督促に記載されている「期限の利益喪失日」をチェックするか、もしくは訴状などに添付されている計算書の「最後に返済した日付」を確認する必要があります。

ただし、期限の利益喪失日が債権者からアビリオ債権回収に債権が譲渡された日付になっていることもあるので、そういった場合は計算書の最後の弁済日から5年以上経過しているかどうかで判断します。

もし、最後の返済から5年以上経過していれば時効の援用ができる可能性があります。

時効なら分割払いは希望しない

なお、訴状に同封されている答弁書は定型の用紙なので「分割払いを希望する」という項目がはじめから記載されていますが、くれぐれも時効の可能性がある場合には、ここにチェックを入れないように注意してください。

もし、分割払いを希望するとチェックして、裁判所に提出してしまうと債務の承認となって、時効の援用ができなくなるおそれがあるからです。

司法書士による訴訟対応

認定司法書士には簡易裁判所の訴訟代理権があります。

よって、忙しくて訴訟対応をする時間がなかったり、自分で裁判手続きをおこなうのが不安な場合は、千葉いなげ司法書士事務所にご相談頂ければ、当事務所の司法書士が依頼者の代理人となって裁判手続きに対応し、確実に時効の援用をおこないます。

もし、いまだ時効ではない場合には分割返済の和解に移行することもできますし、アビリオ債権回収以外にも借金があるような場合は、裁判所に自己破産の申し立てをおこなうこともできます。

よって、時効であるかどうかにかかわらず、裁判所から訴状や支払督促が届いた場合は、すぐに千葉いなげ司法書士事務所までご相談ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アビリオ債権回収への時効実績も豊富です。

アビリオ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら