新生フィナンシャルの「ご連絡のお願い」

新生フィナンシャルから「ご連絡のお願い」が届いた場合の対処法

新生フィナンシャルからの請求

新生フィナンシャル(レイク)の借金を放置していると、「ご連絡のお願い」という書類が届くことがあります。

そこには具体的な契約内容に関する記載は一切なく、「弊社よりいく度かご連絡を差し上げておりますが、本日現在、ご連絡が取れない状況が続いております。つきましては、是非ともご連絡をいただき、ご相談などをいただければと思っております」と記載されています。

時効期間が経過していれば連絡しない

もし、5年以上返済をしていないのであれば時効の可能性があるので、そのような場合は新生フィナンシャルへの連絡は控えてください。

なぜなら、5年の時効期間を経過していても、それに気づかずに新生フィナンシャルに電話をしてしまって、今後の分割払いや減額のお願いをしてしまうと、債務を承認したことになって時効が中断してしまうからです。

また、借金の一部を入金してしまったような場合は、より時効の主張が難しくなります。

よって、時効期間が経過している場合は、新生フィナンシャルへ電話をしないようにして、もし、すでに電話をしてしまったような場合も、まずは当事務所にご相談ください。

すでに裁判を起こされてしまっていると

5年の時効期間を経過している場合でも時効が成立しない場合があります。そのような場合の代表例が、すでに裁判を起こされてしまっていて判決などを取られてしまっているケースです。

判決などを取られているとその時点から時効が10年延長されてしまいます。

よって、時効が成立するには5年以上滞納期間があることと、直近10年以内に裁判を起こされていないことの2つをクリアーしている必要があります。

時効が成立する条件

☑ 5年以上返済をおこなっていない

☑ 直近10年以内に相手から裁判を起こされていない

時効の援用をする

借金をゼロにするには時効の援用という手続きをおこなう必要があります。具体的なやり方は内容証明郵便などの書面で時効の通知を新生フィナンシャルへ送る方法によります。

時効の援用をしない限り、たとえ何年経過しても時効が自動的に成立することはありません。よって、新生フィナンシャルから請求が来た場合はすみやかに時効の援用をおこなってください。

当事務所にご依頼すると

ご自分で時効の援用手続きをおこなうのが不安な場合は当事務所にお任せください。ご依頼頂いた場合は新生フィナンシャルからの直接請求がすぐに止まります。

これにより書面や電話による請求、職場への取り立ての心配がなくなります。ご依頼後は当事務所が時効の中断事由があるかどうかを調査いたします。

時効の条件を満たしていれば、当事務所が内容証明郵便で確実に時効の援用をおこなうことで、新生フィナンシャルの借金がすべてなくなります。

これに対して、時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、当事務所が窓口となって分割払いの和解交渉をおこなうことも可能です。

当事務所に依頼した場合のメリット

☑ 新生フィナンシャルからの直接請求が止まる

☑ 時効の援用を代行してもらえる

☑ 時効でなかった場合は分割和解ができる

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にご来所できない方

当事務所にお越し頂くことができない地域にお住まいの方でも、時効の援用をお受けすることができます。その場合は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこないます。

時効の条件を満たしている場合は、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、新生フィナンシャルからの請求が止まり、借金の支払い義務も一切なくなります。

お手続きをご希望の場合は電話、LINE、メールのいずれかの方法でお問い合わせください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、新生フィナンシャル(レイク)への時効実績も豊富です。

新生フィナンシャル(レイク)から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政所事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が1000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら