サンライフから「ご入金のお願い」が届いた場合の対処法

サンライフから請求された場合の対処法

サンライフとは

サンライフから「ご入金のお願い」という書面で請求を受けることがあります。なお、サンライフから香川県高松市に本社がありましたが、現在は栃木県宇都宮市に移転しています。

もともとは四国四県と岡山を中心に営業をしている中堅の貸金業者でしたが、現在は貸金業登録はしておらず、既存の貸付金の回収のみをおこなっています。

時効期間が経過していることが多い

長期間返済をおこなっていない借金にも時効制度の適用があります。サンライフのような貸金業者からの借金の場合、5年以上返済をしていないと時効になります。

時効かどうかは【本書作成時点での残存債務の額】の「約定返済日」の日付でご確認ください。もし、5年以上前の日付になっている場合は時効の可能性があるといえます。

時効の場合は電話しない

5年の時効期間が経過しているような場合は、サンライフへの電話は控えてください。もし、電話で分割払いのお願いをしたり、支払う意思があることを伝えてしまうと時効が中断してしまいます。

時効が中断する行為

☑ 借入金の一部を入金する

☑ 和解書や示談書にサインする

☑ 電話で分割払いや支払の猶予をお願いする

もし、時効期間の経過に気づかないまま、サンライフに電話をしてしまったような場合でも、自分の判断で時効が中断したと決めつけずに、まずは当事務所までご相談ください。

借金の支払い義務をなくすには

時効によって借金をゼロにしてサンライフから請求を受けなくするには、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といいます。

借金の支払い義務は時効の援用によって初めて消滅します。つまり、時効の援用をしない限りは、何年経とうが借金が残ったままとなり、サンライフからの請求が止まることもありません。

よって、時効の可能性があると思われる場合は、すみやかに時効の援用をおこなってください。

ご自分で手続できない方

内容証明郵便の手続きをしたことがなく、ご自分で時効の援用をする自信がない方は当事務所にお任せください。

ご依頼された場合、当事務所が以下の時効の条件を調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

時効が成立する条件

☑ 最後の返済から5年以上が経過している

☑ 直近10年以内に相手から裁判を起こされていない

☑ 直近5年以内に相手と和解をするなど、支払う意思を伝えていない

なお、ご依頼頂いた場合はサンライフからの直接請求が止まるので、電話や職場に連絡がいくことはなくなります。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にご来所できない方

遠方にお住まいであったり、仕事が忙しくて時間が取れない方は、当事務所の内容証明作成サービスをご利用ください。こちらは当事務所が内容証明郵便の作成と発送までを代行するサービスです。

もちろん、上記の時効の条件を満たしていれば、当事務所が作成した内容証明郵便がサンライフに届くことで時効が成立し、借金の支払い義務がすべてなくなります。

サンライフから通知書や請求書が届いた場合は、お一人で抱え込まずにまずはお気軽にご相談ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、サンライフへの時効実績も豊富です。サンライフから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら