アイフルから「優遇処置のご案内」が届いた場合の対処法

アイフルの借金を滞納していると・・・

一括返済する代わりに損害金を一部(全部)免除

アイフルの借金を滞納し続けていると「優遇処置のご案内」が届くことがあります。そこには以下のような記載があります。

一括返済 ⇒ 請求金〇○○○円のみで完済と致します。

○ 一括返済の場合、利息・遅延損害金を減額し上記記載の金額のみで完済と致します。

○ 有効期限を超過されますと、本来の請求内容にて請求させて頂きます。

問合せ有効期限 平成○○年○○月○○日

この場合、一括で返済をする代わりに損害金の一部もしくは全部が免除されているので、一見するとお得な感じがしますが、すぐにアイフルに電話をするのは危険です。

まずは時効の可能性があるかどうかを検討する

借金にも一定期間返済をしていないと支払わなくてよくなるという時効制度の適用があります。借金の場合、最後の返済から5年以上経過すると時効になります。

よって、アイフルから優遇処置のご案内で請求を受けた場合は、まずは時効かどうかを確認する必要があります。

確認方法は【現在の請求内容】の「約定弁済期日」の日付が5年以上前かどうかをチェックします。もし、ここの日付が5年以上前であれば時効の可能性あるのでアイフルへの連絡は控えてください。

電話をすることのリスク

借金の時効制度は刑事事件の時効と異なり、時効期間の経過によって自動的に成立することはありません。

そればかりか、時効期間が経過している場合でも、借主が支払いを認めると時効がリセットされてしまうというルールがあります。

もし、借主が時効期間の経過に気づかないままアイフルに電話をしてしまい、分割払いなど返済に応じる前提で話をした場合、債務の承認となってそれまでの時効期間がすべてリセットされてしまいます。

よって、時効期間が経過している場合はアイフルに電話をするのは避けてください。

ただし、すでに電話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効がダメになったとはいえない場合もあるので、ご自分で判断せずにまずはご相談ください。

時効の援用で初めて時効が成立する

5年の時効期間が経過しているからといって、自動的に支払い義務がなくなることはありません。時効によって借金をゼロにしたいのであれば時効の援用をおこなう必要があります。

時効の援用は電話で伝えるのではなく、書面でアイフルに通知することになります。その場合、内容証明郵便が証拠力が高いので最も安全です。

つまり、借金は時効の援用をしないといつまで経っても残ったままとなり、その結果、アイフルからの請求も止まることはないということです。

時効の援用をプロにお願いする

ご自分で時効の援用をするには当然リスクが伴います。よって、ご自分で時効の援用をおこなう自信がない場合は専門家にお願いすることをおすすめいたします。

当事務所にご依頼された場合は主に以下のようなメリットがあります。

ご依頼された場合メリット

☑ 時効の条件を満たしている場合は100%時効が成立する

☑ アイフルからの直接請求が止まる

☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割払いの和解交渉ができる

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住まいの方もご相談ください

当事務所にお越し頂けない地域にお住まいの方でも、時効援用の代行をお受けしております。その場合はお手元の請求書をLINE、メール、FAXで送って頂くだけでOKです。

送って頂いた請求書の内容を当事務所が確認し、時効の可能性があると判断した場合は、そのまま当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこないます。

時効の条件を満たしていれば、当事務所による時効の援用によって、アイフルの借金がすべてなくなり、今後請求を受けることがなくなります。

よって、遠方にお住まいだったり、仕事等が忙しくてお時間が取れない方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

内容証明作成サービス

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、アイフルへの時効実績も豊富です。アイフルから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら