アペンタクルの「返済相談通知」

アペンタクルから「返済相談通知」が届いた場合の対処法

すでに貸金業は廃業している

アペンタクル(旧ワイド)は、栃木県宇都宮市の会社ですが、すでに貸金業登録はおこなっておりません。よって、現在ではこれまでの貸付金の回収のみをおこなっております。

なお、アペンタクルの請求を放置していると、自宅まで取り立てに来たり、宇都宮簡易裁判所に裁判を起こしてくることがあります。

時効かどうかを確認するには

もし、最後の返済から5年以上経過している場合は時効です。ただし、5年以上返済をしていないからといって、何もせずに請求を放置しているだけでは時効は完成しません。

なお、時効かどうかは「返済相談通知」の【本書作成時点での残存債務の額】に記載されている「約定返済日」の日付で確認できます。もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

電話してしまうと

返済相談通知には、「再三の請求にもかかわらず、未だ貴殿よりお支払い頂いておりません。よって、差押えなどにより、お客様とのお取引を整理いたします」との記載があります。

これに慌ててアペンタクルに電話をしてしまうと、債務承認となって時効が中断してしまうおそれがあるのでご注意ください。

よって、時効の可能性があると思われる場合は、アペンタクルへの電話連絡は控えてください。ただし、電話をしてしまった場合でも自分で判断せずに、まずは諦めずにご相談ください。

すでに裁判を起こされている場合

過去にアペンタクル(旧ワイド)から裁判を起こされて判決等を取られてしまっている場合、その時点から時効が10年に延長してしまいます。

よって、時効が成立するには以下の2つの条件をクリアーしている必要があります。

☑ 最後の返済から5年以上経過している

☑ 直近10年以内に相手から裁判を起こされていない

ただし、すでに判決から10年以上が経過している場合は時効の可能性があります。

時効の援用をする

借金の時効制度は、一般の刑事事件の時効と異なり、時の経過とともに自動的に成立するというものではなく、借主から内容証明郵便などの書面で時効の通知を送ることで初めて時効が成立します。

これを時効の援用といいます。つまり、時効によって借金をなくしたいのであれば、借主がアペンタクルに対して、時効の援用通知を送らなければいけないということです。

相手は債権回収のプロ

ご自分で時効の援用をおこなうことに不安を感じる方は、当事務所にお任せください。ご依頼頂いた場合は、当事務所が時効の中断事由の有無を調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

また、ご依頼されることにより、アペンタクルからご本人への直接請求が止まるので、自宅まで取り立てに来られる心配や、職場に連絡されることもなくなります。

もし、裁判を起こされてしまっている場合は、そちらの訴訟対応もお任せ頂けます。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所へのご来所が困難な方

遠方にお住まいであったり、仕事などが忙しくてご来所する時間が取れない方も諦めないでください。当事務所にお越し頂けない方でも、当事務所が時効の援用を代行することができます。

こちらのサービスは、当事務所がご本人様に代わって内容証明郵便を作成し、アペンタクルへの発送までをおこなう手続きとなっております。

お手元の請求書の画像をLINEやメール、FAXで送って頂くことで、当事務所にお越し頂くことなく時効の援用を代行いたします。

もちろん、時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成した内容証明郵便による時効の援用によって、すべての支払い義務がなくなり、それ以降はアペンタクルからの請求も一切止まります。

よって、遠方の方もまずはお気軽にご相談ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、アペンタクルへの時効実績も豊富です。

アペンタクルから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら