アウロラ債権回収の「ご返済をお願いします」

アウロラ債権回収から請求書が届いたら

アウロラ債権回収は借金の回収を専門におこなうサービサー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)、マルフク、イオンクレジットサービス、日立信販(アエル)などの借金を滞納していると、アウロラ債権回収から「ご返済をお願いします」というタイトルで請求を受けることがあります。

アウロラ債権回収は、国の許可を受けて借金の回収を専門におこなっている債権回収会社(サービサー)です。

アウロラ債権回収が自ら債権を譲り受けている場合と、債権者は株式会社SKインベストメントで、アウロラ債権回収がSKインベストメントから回収業務の委託を受けているケースもあります。

安易な連絡は禁物

請求書には「なお、ご返済ができない場合、または分割でのお支払いを希望される場合は、弊社ご相談窓口までご連絡をくださいますようお願い申し上げます」との記載があります。

これだけを見ると、あたかも必ず返済をしなければいけないと思いがちですが、借金には時効というものがあるので、時効の可能性がある場合はアウロラ債権回収に連絡をすると危険です。

なぜなら、時効期間が経過している場合でも、それに気づかずに電話をしてしまって、分割払いのお願いなどをしてしまうと、債務を承認したことになって時効が中断してしまうからです。

よって、時効の可能性があると思われる場合は、アウロラ債権回収への電話は控えるようにしてください。

ただし、すでに電話をしてしまったような場合でも、必ずしも債務の承認には該当しない場合もあるので、まずはご相談ください。

時効の可能性があるかどうかを検討するには

借金が時効になるには最後の返済から5年以上経過している必要があります。そこで、滞納期間が5年以上かどうかを判断する必要があります。

アウロラ債権回収の請求書の裏面には契約内容の明細が記載されています。そこに元金、利息、遅延損害金、延滞利率などの記載があるので、それを元におよその延滞期間が分かります。

利息や遅延損害金が元金に比べて多額になっているような場合は、5年以上滞納している可能性が高いといえます。

また、延滞利率を元に5年間で発生する遅延損害金の額を計算することもできます。計算方法は以下の通りです。

例)延滞利率が18%の場合

元金10万円 × 18% = 1万8000円(1年間で発生する遅延損害金)
1万8000円 × 5年 = 9万円(5年分の遅延損害金)

上記の場合だと、遅延損害金の額が9万円以上であれば時効の可能性があるということになります。なお、アウロラ債権回収の場合、「約定弁済期日」は当てにならないことが多いです。

請求を放置していると

アウロラ債権回収の請求を放置していると、自宅まで取り立てに来たり、裁判を起こされることがあります。裁判を起こされた場合、東京簡易裁判所から訴状が送られてきます。

訴状まで放置してしまうと、たとえ時効期間が経過しているような場合でも、アウロラ債権回収の請求どおりの判決が出てしまいます。なお、判決が出た場合は時効が10年に延長されてしまいます。

よって、請求が来た場合は放置せずに適切な対応を取る必要があります。

時効の援用をするには

借金の時効というのは5年の経過によって自動的に成立するものではありません。時効を成立させるにはアウロラ債権回収に対して、内容証明郵便などで時効の通知を送らなければいけません。

これを時効の援用といい、時効の援用によって初めて時効が成立します。よって、時効の可能性がある場合は、請求を放置せずにすみやかに時効の援用をおこなってください。

ご依頼された場合のメリット

ご自分で時効の援用をおこなうことが難しいと感じている方は、当事務所までご相談ください。ご依頼された場合は主に以下のようなメリットがあります。

☑ 時効の条件を満たしていれば確実に時効の援用をしてもらえる

☑ アウロラ債権回収からの直接請求が止まる

☑ 時効が成立しない場合は分割払いの和解交渉をしてもらえる

☑ 裁判になっている場合は、裁判手続きの対応もしてもらえる

消滅時効援用サービスはこちら

遠方の方も諦めずにご相談ください

当事務所にお越し頂くことができない方でも時効の援用をお任せ頂けます。その場合は、当事務所が内容証明郵便の作成から発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります。

こちらのサービスでも、5年以上返済をおこなっておらず、かつ、これまでに相手から裁判を起こされたことがないのであれば、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、アウロラ債権回収からの請求が止まり、借金の支払い義務がなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、アウロラ債権回収への時効実績も豊富です。

アウロラ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら