裁判所からパルティール債権回収の訴状が届いたら

パルティール債権回収から裁判を起こされた場合の対処法

パルティール債権回収代理人の弁護士法人引田法律事務所

武富士(現TFK)アプラスなどの借金を滞納したままにしていると、債権を譲り受けたパルティール債権回収から裁判を起こされることがあります。

パルティール債権回収の場合、債務者(借主)の地元の簡易裁判所に支払督促という裁判手続きを起こしてくることが多いですが、通常の裁判手続きを起こしてくることもあります。

また、弁護士法人引田法律事務所がパルティール債権回収の代理人になっているケースもあります。裁判を起こされた場合は裁判所から訴状(もしくは支払督促)が届きます。

訴状が届いたら放置しない

裁判所から訴状もしくは支払督促が届いたにもかかわらず、何もせずに放置してしまうとパルティール債権回収の請求が裁判上で認められてしまいます。

よって、訴状もしくは支払督促が届いた場合は、そのまま放置せずに決められた期限内に適切な対応を取る必要があります。

具体的には訴状の場合は指定された裁判期日の前までに答弁書、支払督促の場合は受け取ってから2週間以内に異議申立書を裁判所に提出する必要があります。

時効の可能性があるかチェックする

パルティール債権回収からの請求の場合、すでに5年の時効期間が経過していることも少なくありません。なお、5年の時効期間は最後の返済からスタートします。

つまり、5年以上返済をしていない場合は時効によって、残った借金の支払い義務がなくなるわけです。

時効かどうかは訴状の最後のページに添付されている計算書で確認できますが、もし、キャッシングによる借金ではなく、ショッピングの場合は計算書が添付されていないことがあります。

その場合は「請求の原因」という箇所に、「期限の利益喪失」という項目があるので、そこに「~平成○年○月○日の約定弁済日までに弁済をしなかったため~」等の記載があれば、その日付が5年以上前かどうかで確認できます。

時効の援用をする

5年以上返済をしておらず、時効の可能性があると思われる場合は時効の援用をおこないます。時効の援用は内容証明郵便などの書面でおこないます。

なお、裁判を起こされている場合は、答弁書で時効の主張をおこないます。時効の条件を満たしている場合、パルティール債権回収が裁判を取り下げてくることがほとんどです。

単に5年以上返済をしていないだけでは時効は成立しないので、必ず時効の援用をおこなってください。時効の援用をおこなわない限り、いつまで経っても時効は成立しません。

電話をすることのリスク

時効の可能性がある場合は、パルティール債権回収や代理人の引田法律事務所への電話は控えてください。

たとえ、時効期間が経過していても、それに気づかずに電話をしてしまって、今後の分割払いなどの話をしてしまうと、債務の承認となって時効が中断してしまうことがあります。

よって、時効の可能性がある場合は電話などはせずに、ダイレクトに内容証明郵便などの書面で時効の援用をおこなってください。

もし、時効に気づかずに電話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

当事務所のご依頼された場合

相手は借金回収を専門におこなっている債権回収もしくは弁護士事務所です。よって、ご自分で対応できそうにない場合は当事務所にお任せください。

ご依頼頂いた場合、時効の条件を満たしている限り、確実に時効の援用をおこないます。裁判もしくは支払督促を起こされている場合は、そちらの裁判手続きもお任せ頂けます。

もし、過去に判決などを取られてしまっていて時効の条件を満たしていないような場合は、分割払いの和解交渉をおこなうこともできます。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住まいの方

当事務所にお越し頂くことができない遠方の方は内容証明作成サービスでのご対応となります。こちらは当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなうサービスです。

時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成した内容証明郵便による時効の援用によって、借金の支払い義務がなくなります。

また、裁判もしくは支払督促を起こされている場合、答弁書もしくは異議申立書の書き方をお知らせいたします。

時効が成立した場合、パルティール債権回収が裁判もしくは支払督促を取り下げてくるので後日、裁判所から取下書が届けば、時効の手続きはすべて終了となります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、パルティール債権回収(代理人の弁護士法人引田法律事務所)への時効実績も豊富です。

パルティール債権回収(代理人の弁護士法人引田法律事務所)から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら