三菱UFJ銀行 → アコム → アイアール債権回収

アイアール債権回収から「催告書」が届いた場合の対処法

内容証明郵便で催告書が届いたら

三菱UFJ銀行の借金を滞納していると、アイアール債権回収から内容証明郵便で「催告書」が届くことがあります。

三菱UFJ銀行から借り入れをする際に保証会社がアコムになっており、借金を滞納することで保証会社であるアコムが債権者である三菱UFJ銀行に代位弁済をおこないます。

これにより、債権者が三菱UFJ銀行からアコムに代わり、アコムが債権をアイアール債権回収に譲渡することで、アイアール債権回収から請求が来るという流れになっています。

なお、アコムは現在、三菱UFJ銀行グループであり、アイアール債権回収はアコムの子会社なので、三菱UFJ銀行の借金を滞納しているとアイアール債権回収から請求を受けることがあるわけです。

銀行の借金にも時効がある

銀行からの借金も5年で時効になります。時効の起算点は保証会社が代位弁済をした時点です。今回でいえば、保証会社であるアコムが三菱UFJ銀行に代位弁済をした日となります。

催告書に「債権の表示」が記載されていれば、その中の「求償債権の内容」という項目の「代位弁済日」を確認します。

もし、代位弁済日が5年以上前であれば時効の可能性があるということになります。時効の場合は損害金のみならず、元金についても一切の支払い義務がなくなります。

アイアール債権回収に電話することのリスク

代位弁済日から5年の時効期間が経過している場合は、アイアール債権回収への電話連絡は控えてください。

もし、時効期間の経過に気づかないまま電話をしてしまうと、債務の承認となって時効が中断するリスクがあります。

ただし、電話をしただけであれば、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合もあるので、ご自分で判断せずにまずは当事務所までご相談ください。

なお、借金の一部を返済してしまったような場合も時効が中断してしまいますのでご注意ください。

時効の援用をおこなうには

時効の援用は、内容証明郵便などの書面でおこなう必要があります。ご自分で手続きをおこなう自信がない場合は、当事務所のような専門家にお願いするという選択もあります。

ご依頼頂いた場合、当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます(損害金を除いた元金が140万円以下の場合に限ります)。

もし、時効の条件を満たしていない場合は、そのまま分割払いの和解交渉に移行することもできます。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住まいの方は

当事務所にお越し頂くことが困難な方でも、時効の援用をお任せ頂けます。その場合は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります。

こちらのサービスではアイアール債権回収から届いた催告書をLINE、メール、FAX等で送って頂くことで、当事務所にご来所することなくお手続きが可能となっております。

もちろん、代位弁済日から5年以上が経過しており、かつ、これまでに裁判などを起こされたことなければ、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって時効が成立します。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに3000人を超える方の借金問題を解決しており、アイアール債権回収への時効実績も豊富です。

アイアール債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら