オリンポス債権回収の「債権譲渡及び債権譲受通知」

オリンポス債権回収から「債権譲渡及び債権譲受通知」が届いたら

リラエンタープライズからMK.インベスターズへの債権譲渡

リラエンタープライズ株式会社は、もともとアース株式会社、株式会社さくらパートナー、RHインシグノ株式会社の社名で営業していました。

平成28年にリラエンタープライズから株式会社MK.インベスターズへ債権が譲渡され、MK.インベスターズが譲り受けた債権の管理回収業務をオリンポス債権回収に委託しました。

その結果、オリンポス債権回収から債権譲渡及び債権譲受通知が届いているといった流れになっています。

時効かどうかのチェック方法

借金も5年以上返済をおこなっていないと時効になります。時効の場合は遅延損害金のみならず、元金についても一切支払う必要がありません。

そこで、自分の借金が時効になっている可能性があるかどうかを確認する方法ですが、【発送日時点の残高】の「最終約定弁済期日」を確認します。

もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能性があるといえます。

時効期間が経過している場合に電話をすると

5年以上返済をしていないのに時効制度のことを知らず、オリンポス債権回収に電話をして今後の返済計画について話をしてしまう方が少なくありません。

そういった場合は原則的に債務承認となって時効が中断してしまいます。よって、時効期間が経過していると思われる場合はオリンポス債権回収への電話は控えてください。

なお、すでに電話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合もあります。よって、時効の主張をされたいのであれば、自分で判断せずにまずはご相談ください。

時効の援用をすると

借金の時効は5年の経過によって自動的に成立するものではありません。時効によって借金の支払い義務をなくすにはオリンポス債権回収に対して時効の通知を送る必要があります。

通知方法は電話でなく内容証明郵便などの書面でおこないます。これを時効の援用といい、借金の時効は時効の援用をすることで初めて成立します。

ご自分での手続きに不安がある方は

相手は借金の回収業務を専門におこなっている債権回収会社(サービサー)です。なお、債権回収会社は国の許可を受けて営業しています。

そのような借金回収のプロを相手に、自分で時効の援用をおこなうのが不安な方は少なくないと思います。もし、自分で手続する自信がない場合は当事務所にご相談ください。

ご依頼された場合は時効の条件を満たしている限りは、当事務所が確実に時効の援用をおこないます。もし、時効の中断事由が存在する場合は分割払いの和解交渉に切り替えることも可能です。

なお、ご依頼された場合はオリンポス債権回収からの直接請求が止まるので、電話による請求や自宅訪問による取り立てを受ける心配もなくなります。

また、オリンポス債権回収は支払督促という裁判を起こしてくること多いのですが、そちらの対応もすべてお任せ頂けます。

消滅時効援用サービスはこちら

※ 代理業務は遅延損害金を除いた元金が140万円以下の場合に限られます

遠方の方は

当事務所にお越し頂くことができない方は内容証明郵便の作成と発送までをおこなう内容証明郵便作成サービスをご利用ください。

こちらのサービスでも以下の条件を満たしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金の支払い義務がなくなり、オリンポス債権回収からの請求も止まります。

☑ 5年以上返済をしていない

☑ 直近10年以内に裁判などを起こされていない

☑ オリンポス債権回収に電話をしていない

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに3000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら