アプラス → エムズホールディング → オリンポス債権回収

オリンポス債権回収の「債権譲渡及び債権譲受通知」

アプラスからエムズホールディングへの債権譲渡

株式会社アプラスのキャッシングやショッピング代金を滞納していると、札幌市のエムズホールディング株式会社に債権が譲渡されるケースがあります。

その後、エムズホールディングから借金の回収業務を委託された同じく札幌市のオリンポス債権回収株式会社から「債権譲渡及び債権譲受通知」が届きます。

なお、債権回収会社(サービサー)による回収は、自ら債権を譲り受けて請求するだけでなく、他社から委託されて借金の回収をおこなっている場合もあります。

時効なら支払う必要なし

オリンポス債権回収会社のような債権回収から請求を受けたよう場合は、必ず支払いをしなければいけないような気がしますが、決してそういうわけではありません。

なぜなら、アプラスのようなカード会社の借金にも時効があるからです。時効になる条件は以下の2つです。

消滅時効の条件

☑ 最後の返済から5年以上経過している

☑ 直近10年以内にアプラスに裁判を起こされて判決などを取られていない

以上の2つの条件をクリアーしている場合は、時効の条件を満たしているといえます。よって、上記2つの条件をクリアーしていると思われる場合はオリンポス債権回収への連絡は控えてください。

時効期間が経過している場合に電話をすることのリスクとは

5年の時効期間が経過しているにもかかわらず、オリンポス債権回収に電話をして分割払いのお願いなどをしてしまうと、債務の承認となって時効が中断してしまうことがあります。

よって、時効の可能性があると思われる場合は、時効中断のリスクがあるので、オリンポス債権回収へ電話をしないようにしてください。

ただし、電話で話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合もありますので、まずは諦めずにご相談ください。

時効期間が経過しただけでは請求は止まらない

借金の時効は5年ですが、最後の返済から5年以上経過したからといって、自動的に時効が成立するわけではありません。

もし、時効によって借金をなくしたいのであれば、エムズホールディングから委託を受けているオリンポス債権回収に対して内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があります。

これを時効の援用といいます。つまり、借金の場合は時効期間の経過に加えて時効の援用をおこなうことによって初めて支払い義務がなくなり、請求もなくなるというわけです。

ご自分で時効の援用をおこなう自信がない場合は

時効の援用は内容証明郵便でおこなうのが最も安全で確実ですが、内容証明の手続きをおこなったことがある方は稀だと思います。

また、相手は借金の回収を専門におこなっているような会社なので、ご自身で時効の援用をおこなうのはそれなりのリスクがあります。

もし、ご自分で時効の援用をおこなうのが不安な方は当事務所にお任せください。ご依頼頂いた場合、時効の条件を満たしているかどうか確認したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

調査の結果、時効の条件を満たしていないことが分かった場合は、そのままオリンポス債権回収との分割和解をおこなうことも可能です。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住まいでご来所できない方は

当事務所にお越し頂くことが困難な場合は、内容証明作成サービスで時効の援用を代行いたします。こちらは当事務所が内容証明の作成をして発送までをおこなうサービスです。

もちろん、時効の条件をクリアーしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって時効が成立しますので、その結果、オリンポス債権回収からの請求が止まります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら