アプラスから「債権譲渡通知書」が届いた場合の対処法

アプラスからエムズホールディングへの債権譲渡

オリンポス債権回収への回収業務の委託

債権譲渡通知書には株式会社アプラスからエムズホールディング株式会社(札幌市中央区)へ債権を譲渡し、エムズホールディングがオリンポス債権回収株式会社に譲渡債権の管理回収業務を委託したとの記載があります。

これによって、今後はオリンポス債権回収から請求を受けることになります。なお、オリンポス債権回収は国の許可を受けて営業している債権回収会社(サービサー)です。

よって、架空請求の類ではありませんので、債権譲渡通知書が届いた場合はきちんと対応する必要があります。

時効になる場合とは

アプラスなどのカード会社でキャッシングやショッピングを利用した際の料金にも時効があります。この場合の時効期間は最後に返済をした時から5年となります。

債権譲渡通知書には【譲渡債権の表示】があり、そこに「債権発生日」の記載があるので、その日付が5年以上前であれば、少なくとも契約した日付からは5年以上経過していることになります。

債権発生日が5年以上前で、さらにご自身の記憶で5年以上返済をした覚えがないのであれば、時効の可能性があるということになります。

電話をすることのリスクとは

時効の可能性があると思われる場合は、オリンポス債権回収への電話連絡は控えてください。なぜなら、時効期間の経過に気づかずに返済の話をしてしまうと時効が中断してしまうからです。

これは債務の承認といって、たとえ形式的に5年の時効期間が経過していても、借主がそれに気づかずに今後の返済について話をしたよう場合は時効の主張ができなくなるというものです。

ただし、これまでの裁判例では、たとえ返済の話をしたような場合であっても、必ずしも債務の承認には該当せずに時効が中断しないというケースもあるので、すでに電話をしてしまったような場合でも、まずは諦めずにご相談ください。

時効の主張をするには

上記のとおり、電話では債務承認のリスクがありますので、時効の主張は必ず書面でおこなうようにしてください。その中でも内容証明郵便が最も安全で確実です。

内容証明郵便などの書面で時効の通知をする行為を時効の援用といいます。

なお、借金の時効は時の経過によって自動的に整理することがありませんので、時効の主張をしたいのであれば、必ず時効の援用をする必要があります。

つまり、時効の援用をすることによって初めて支払い義務がなくなり、その結果としてオリンポス債権回収からの請求も止まるわけです。

ご依頼された場合のメリット

当事務所に時効の援用をご依頼された場合、オリンポス債権回収からの直接請求が止まります。その後、時効の条件を満たしていることが判明した場合は、確実に時効の援用をおこないます。

これに対して、すでにアプラスから裁判所に訴えを起こされていて判決などを取られてしまっている等の理由で時効の援用ができない場合は、そのままオリンポス債権回収との分割払いの交渉に移行できます。

もし、オリンポス債権回収から支払督促などの裁判手続きを起こされている場合は、そちらの対応もすべてお任せ頂けます。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住まいの方

当事務所にお越し頂けない方も時効の援用をお任せ頂けます。その場合は、当事務所が内容証明郵便を作成して発送するところまでをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります。

遠方にお住まいの方やなるべく手間暇をかけずに安く済ませたい方などは、こちらの内容証明作成サービスのご利用をご検討ください。

もちろん、時効の条件を満たしている限りは、当事務所が作成する内容証明郵便によって時効が成立し、オリンポス債権回収からの請求もなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら