エムテーケー債権管理回収 → 弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所

高橋裕次郎法律事務所から「請求書」が届いた場合の対処法

エムテーケー債権管理回収とは

エムテーケー債権管理回収(本社:東京都千代田区、支社:札幌市中央区)から管理回収業務を受任したとして、弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所から「債権回収受託通知兼請求書」が届くことがあります。

なお、債権回収会社は国の許可を受けて借金の回収を専門におこなう会社(サービサー)です。その、エムテーケー債権管理回収がさらに高橋裕次郎法律事務所に回収を委託しているわけです。

時効の確認

エムテーケー債権管理回収は元の借入先から債権を譲り受けて請求してくるわけですが、元の借入先で多いのがCFJ(ディックファイナンス、アイク、ユニマット)、三和ファイナンス(SFコーポレーション)などです。

借金は5年以上返済をしていないと時効期間が経過しますが、元の借入先に対する最後の返済から5年以上経過しているかどうかがポイントとなります。

もし、5年以上返済をした覚えがないのであれば時効の可能性があります。

もしくは、延滞をしている場合、元金に対して年26・28%の遅延損害金が付きますが、請求書に元金と損害金の内訳が記載されていれば、5年分以上の損害金が付いているような場合も時効の可能性があります。

電話をしてしまうと

請求書には「本件に関し、支払方法などのご相談がございましたら、本書面到達後3日以内に当事務所までご連絡頂けますようお願い申し上げます」との記載があります。

しかし、時効の可能性があるような場合は、高橋裕次郎法律事務所への電話はしないようにしてください。

下手に電話をしてしまうと借金の支払いを認めたことになり、時効の主張ができなくなることがあるからです。

ただし、時効期間の経過に気づかずに、慌てて電話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効の主張ができなくなるとは限りませんので、まずは諦めずにご相談ください。

時効の援用で借金を帳消し

5年の時効期間が経過しているからといって、何もせずに請求を放置しているだけでは借金はなくなりません。その結果、エムテーケー債権管理回収からの請求は止まりません。

時効によって借金を帳消しにするには、内容証明郵便で時効の通知を高橋裕次郎法律事務所に送る必要があります。これを時効の援用といいます。

ご自分で時効の援用をするのが不安な方

相手は借金の回収を専門におこなっている債権回収から、さらに回収業務を委託されている弁護士事務所です。もし、ご自分で時効の援用をおこなうのが不安であれば当事務所にお任せください。

ご依頼された場合は、当事務所から高橋裕次郎法律事務所に受任通知を送って請求を止めます。その後、時効の条件を満たしているかどうかを調査します。

時効の中断事由がなにもなければ、当事務所が確実に時効の援用をおこないます。これに対して、時効の条件を満たしていない場合は、そのまま分割和解の交渉に移行することもできます。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にご来所できない方

遠方にお住いであったり、仕事などが忙しくて当事務所にお越し頂くことができない方は内容証明作成サービスをご利用ください。

こちらは高橋裕次郎法律事務所から届いた請求書をもとに、当事務所がお客様の代わりに内容証明郵便を作成して発送までをおこなうサービスです。

5年以上返済をしておらず、直近10年以内に相手から裁判を起こされて判決などを取られていなければ、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、エムテーケー債権管理回収の借金はすべてなくなります。

その結果、高橋裕次郎法律事務所からの請求も止まることになります。よって、遠方にお住まいの方もまずはお気軽にご相談ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、エムテーケー債権管理回収への時効実績も豊富です。

エムテーケー債権管理回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら