アトラスから請求された場合の対処法

アトラスから自宅訪問されたら

アトラスとは

アトラスの住所は東京都港区六本木になっています。このアトラスが滞納している借金を譲り受けたとして自宅まで取り立てに来ることがあります。

なお、原債権者として、アルコ(新生パーソナルローン)などが記載されていることがあります。

不在の場合は「訪問通知」という書面を置いていくことがあるようです。そこには以下のような記載があります。

「このまま前向きな回答がなされない場合、当方としましては、法的手段(裁判所を通じての手続き)に移行し、以下の方法により、強制的に回収することになりますことを、予めご通知申し上げます」

安易に連絡しない

サラ金などからの借金は5年以上返済をしていないと時効になりますが、アトラスが請求してきている債権については、おそらくそのほとんどが5年の時効期間が経過している借金だと思われます。

しかし、時効期間の経過に気づかずに、アトラスに電話をして返済に関する話をしてしまうと、債務の承認となって時効が中断してしまうおそれがあるのでご注意ください。

ただし、電話をした程度であれば必ずしも時効が中断したとはいえない場合もありますので、まずは諦めずにご相談ください。

債務の承認に該当する行為

☑ 今後の返済について相手と話をする

☑ 借金の一部を返済する

☑ 和解書や示談書にサインする

時効の援用をする方法

サラ金業者からの借金は時効によって支払い義務がなくなります。

ただし、借金の時効は刑事事件の時効の異なり、時の経過によって自動的に成立することはありませんので、時効を成立させるにはアトラスに対して、内容証明郵便で時効の通知を送る必要があります。

これを時効の援用といいます。時効の援用によって初めて借金の支払い義務がなくなり、アトラスからの請求も止まります。

司法書士にお願いした場合

当事務所にご依頼された場合、司法書士が代理人となって、アトラスに対する時効の援用手続きをおこないます。

また、ご本人への直接請求がなくなり、時効の条件を満たしている限りは、借金の支払い義務もなくなります。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にお越し頂けない方

遠方にお住まいだったり、仕事が忙しくて事務所にお越し頂くことが難しい方は内容証明作成サービスで対応させて頂きます。

こちらは当事務所がお客様の代わりに内容証明郵便を作成し、発送するところまでをおこなうサービスとなっています。

こちらのサービスでも、時効の中断事由がない限りは、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用通知によって借金の支払い義務がなくなり、請求がこなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アトラスへの時効実績も豊富です。アトラスから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら