ギルドの訴状が大阪簡易裁判所から届いた場合の対処法

ギルドから裁判を起こされた場合の対処法

ギルドとは

株式会社ギルド(本社:大阪市淀川区西中島)の旧社名はトライト株式会社です。

トライトはもともハッピークレジット株式会社という社名でしたが、平成16年に山陽信販株式会社株式会社信和を吸収合併し、その後、トライトから株式会社ヴァラモス、株式会社トライトと商号を変更しています。

ギルドは現在、貸金業登録はしておらず、既存の貸付金の回収のみをおこなっています。

トライト株式会社 ➡ 株式会社ヴァラモス ➡ 株式会社ギルド

裁判所から訴状が届いたら

ギルドの請求を放置していると、ギルドの本社がある大阪簡易裁判所から訴状が届くことがあります。

なお、郵便局から訴状が配送されて来ているにもかかわらず、意図的に受け取らないと訴状を受け取ったものとみなして手続きが進んでしまうことがあるので、訴訟は必ず受け取ってください。

また、ギルドから訴えを起こされてしまった場合、指定された裁判期日までに答弁書を提出しないと、欠席判決となってギルドの請求が全面的に認めら、その後は給与や預貯金の差し押さえをされる可能性があります。

よって、支払うことができないからといって、中身も確認せずに訴状を放置するのは非常に危険な行為です。

時効期間が経過していることが多い

裁判所から送られきた訴状に計算書が添付されていると思いますので、そこで最後に返済した日を確認できます。もし、最終入金日が5年以上前の日付であれば時効の可能性があることになります。

もし、5年以上返済をしていない場合は消滅時効の主張をすることによって、借金の支払い義務がなくなる可能性があります。

よって、訴状が届いたからといって慌ててギルドに電話をするのではなく、まずは訴状の中身を確認して時効の可能性があるかどうかをチェックしてみることが重要です。

時効が中断するケース

時効の可能性があるにもかかわらず、ギルドに電話をして分割払いの話などをしてしまうと、債務の承認となって時効が中断することがあります。

よって、時効の可能性がある場合はギルドへの電話はしないようにしてください。

ただし、電話をしただけでは必ずしも債務の承認とはいえない場合もあるので、電話をしてしまった場合でもまずは諦めずにご相談ください。

司法書士に依頼すると

当事務所にご依頼された場合、簡易裁判所における裁判手続きについてはすべてお任せ頂けます(ただし、当事務所にご来所頂ける方に限ります)。

特に時効の中断事由(10年以内取得された判決など)がない限りは、司法書士が確実に時効の援用をおこないます。この場合、ギルドが裁判を取り下げてくることが多いです。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にご来所できない方

遠方にお住まいの方や、仕事が忙しくて当事務所にご来所することができない方は内容証明作成サービスで対応いたします。

こちらのサービスでは当事務所が内容証明郵便を作成し、ギルドに発送することで時効の援用をおこないます。また、訴状に同封されている答弁書の書き方をお知らせいたします。

時効の中断事由が存在しない限り、ギルドが裁判を取り下げてきますので、その場合は後日、裁判所から取下書が送られてきます。

これにより、借金の支払い義務はすべてなくなり、今後ギルドから請求が来ることもなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、ギルドへの時効実績も豊富です。

ギルドから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら