アイフルから「通告書」が届いた場合の対処法

アイフルから「通告書」が届いた場合の対処法

ある日、突然請求がくる

アイフルの借金を滞納していると「通告書」というタイトルの書面で請求を受けることがあります。そこには以下のような記載があります。

「ご入金の確認がとれない場合においては、不本意ではありますが、裁判所の法的手続(支払督促・訴訟・給与差押等強制執行)による解決を検討させて頂きます」

安易に連絡しない

「弊社と致しましては裁判所の法的手続をとる前に解決したいので、下記ご連絡期限までにご連絡ください」

問合せ有効期限 平成○年○月○日

との記載もあります。

しかし、安易な連絡は禁物です。なぜなら、5年以上返済をしていない場合は時効になるからです。時効かどうかは「約定弁済期日」の日付が5年以上前かどうかで確認できます。

もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能性があるので、その場合はアイフルへの電話は控えてください。

なぜなら、電話で返済の話をすると債務の承認となって時効が中断するおそれがあるからです。

ただし、電話で話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効が中断したとは言い切れないので、5年以上返済をしていないのであれば、まずは諦めずにご相談ください。

時効の援用手続き

借金はそのまま放っておいても自動的に時効が成立することはありません。よって、請求を放置し続けたままでは、アイフルからの請求が止まることはありません。

時効によって借金をなくすためには内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といいます。

つまり、5年以上返済をしていないような借金は、時効の援用をすることによって初めて支払い義務がなくなるわけです。

ご自分で手続するのが不安な場合

当事務所にご依頼された場合、まずはアイフルからご本人への直接請求を止めます。その後、これまでの取引明細などを取り寄せて、時効の中断事由の有無を調査します。

もし、時効の条件を満たしていれば、当事務所が確実に時効の援用をおこなって借金をなくします。

これに対して、直近10年以内に裁判所で判決等を取られてしまっていて、時効の条件を満たしていない場合はそのまま分割払いに切り替えることも可能です。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住いのためにご来所できない方

当事務所にお越し頂くことができない場合は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなう内容証明作成サービスで対応いたします。

5年以上返済をしておらず、かつ、これまでに判決などを取られたことがない場合は、当事務所が作成する内容証明による時効の援用によって、アイフルの借金がなくなり、請求も来なくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アイフルへの時効実績も豊富です。

アイフルから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら