裁判所への提訴予告通知書 ー エムアールアイ債権回収

エムアールアイ債権回収の「裁判所への提訴予告通知書」

エポスカード(丸井)とゼロファーストの滞納

エムアールアイ債権回収は、丸井グループの債権回収会社(サービサー)です。

そのため、エポスカード(丸井)ゼロファーストの借金を滞納していると、債権を譲り受けたエムアールアイ債権回収から「裁判所への提訴予告通知書」が届くことがあります。

安易な連絡は禁物

「お客様の下記未払い債権について、誠に遺憾ながら、お支払もご連絡もいただいておりません」

「今後、管轄の簡易裁判所に残債務の一括払いを求める提訴を予定しております」

「お客様が裁判による解決を望まない場合は、上記担当者までご連絡下さい。ご連絡頂ければ、お客様のご事情をお伺いし無理のない分割払いのご要望も承ります」

との記載がありますが、もし、5年以上返済をしていないような場合は、エムアールアイ債権回収への電話は控えてください。

5年以上返済をしておらず、かつ、直近10年以内に裁判所で判決などを取得されていなければ、時効の援用によって借金の支払い義務を完全になくすことができます。

しかし、時効に気づかないままエムアールアイ債権回収と分割和解の話をしてしまうと、借金の支払いを認めたことになって時効の援用ができなくなることがあります。

なお、「未払い金 合計欄」に元金や遅延損害金の内訳が記載されているので、元金に比べて遅延損害金の方が金額が大きいような場合は、相当な期間返済をしてないと思われますので、まずはエムアールアイ債権回収に電話をする前に時効の検討が必要です。

時効の援用をするには

時効の援用は電話ではなく、きちんと証拠に残すためにも内容証明郵便などの書面で通知するのが安全で確実です。すでに述べたとおり、電話は債務の承認になる危険があるので控えてください。

借金の時効は自動的に成立しません。よって、時効期間が経過している場合は内容証明郵便などで時効の通知を送る必要があります。

ご依頼されるメリット

当事務所にご依頼された場合、まずはエムアールアイ債権回収に受任通知を送って、ご本人への直接請求を止めます。

その後、時効の中断事由があるかどうかを調査して、時効の条件を満たしている場合は時効の援用をおこなうことで、損害金を含めた借金の支払い義務をすべてなくします。

これに対して、時効の条件をクリアーしていない場合は、そのまま分割和解の話をすることもできます。3~5年返済での和解ができることがほとんどです。

ご来所できない場合

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂くことができない方は内容証明作成サービスで対応いたします。こちらは当事務所が内容証明の作成と発送までをおこなうサービスです。

内容証明作成サービスでも時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成する内容証明による時効の援用によって借金の支払い義務がなくなり、エムアールアイ債権回収からの請求も止まります。

相手は債権回収のプロです。もし、ご自分での手続きに不安がある場合はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、エムアールアイ債権回収への時効実績も豊富です。

エムアールアイ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら