DCMX → SMBC債権回収 → ニッテレ債権回収

DCMXの利用代金を滞納している場合

ニッテレ債権回収からの請求

NTTドコモのDCMXカード(現:dカード)の利用料金を滞納していると、その後、SMBC債権回収に債権が譲渡され、さらにニッテレ債権回収に再譲渡されているケースがあります。

その場合、ニッテレ債権回収から請求書が届くことがあります。

払わなくてよくなる場合がある

DCMXカードの滞納が5年以上前からであれば時効の可能性があります。

請求書の「譲受日」が5年以上前だったり、元金に比べて損害金の方が大きくなっているような場合は時効の可能性があります。

請求書の記載内容ではよくわからなくても、ご自分での記憶で5年以上返済をしていないような場合は時効の可能性がありますので、ニッテレ債権回収への電話は控えてください。

時効に気づかずに電話をしてしまうと

せっかく5年の時効期間が経過しているにもかかわらず、それに気づかないままニッテレ債権回収に電話をしてしまったような場合、その会話の内容によっては時効が中断してしまうおそれがあります。

これは債務の承認と呼ばれるもので、5年の時効期間が経過している場合であっても、相手と返済を前提とした話をしてしまうと、支払い義務を認めたことになり、時効が中断してしまいます。

しかし、5年以上も返済をしていないのに突然、請求を受けたことで、よくわからないまま電話をしてしまったような場合、必ずしも時効が中断するとは言い切れないので、まずは諦めずにご相談ください。

時効の援用で支払い義務をなくす

最終返済から5年以上が経過しているからといって、何もせずにそのまま放置している方が少なくありません。しかし、このような対応ではいつまでたっても時効は成立しません。

借金の時効の場合は、きちんと書面で時効の通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。つまり、時効の援用をしない限り、いつまでたっても時効は成立しないわけです。

時効の援用手続きは内容証明郵便などの書面でおこなう必要があります。きちんと証拠を残しておく点からも普通郵便ではなく内容証明郵便が安全で確実です。

当事務所にご依頼された場合

当事務所にご来所頂ける方は代理業務での受任が可能です(ただし、損害金などを除いた元金が140万円以下の借金に限ります)。

その場合、当事務所が時効の中断事由の有無を調査して、時効の条件を満たしていれば、確実に時効の援用をおこない、時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、そのまま分割和解の交渉に切り替えることも可能です。

ご来所できない方

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂くことができない場合でも、時効の援用手続きは可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

遠方の方は当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります。もちろん、時効の条件を満たしていれば、こちらのサービスで時効が成立します。

ニッテレ債権回収の場合、時効が成立すると1か月くらいで時効を受け付けた旨の書面と当初の契約書が返却されますので、それが郵送されて来れば時効が完成したということになります。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、ニッテレ債権回収への時効実績も豊富です。

ニッテレ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら