株式会社MKベータ → オリンポス債権回収株式会社

オリンポス債権回収の「債権受託通知」

オリンポス債権回収とは

オリンポス債権回収株式会社は、債権管理回収業に関する特別措置法に基づき、法務大臣より営業許可を得ている北海道札幌市の債権回収会社です。

そのオリンポス債権回収から「債権受託通知」が届くことがあります。もとの借入先が株式会社学研クレジットの場合があります。

学研クレジットからエイチ・エス債権回収、株式会社MKベータ(北海道札幌市)と債権が譲渡され、オリンポス債権回収がMKベータから回収業務を委託されているという流れです。

時効の可能性をチェック

借金の支払義務も永遠に続くわけではありません。特に、貸金業者からの借入金は5年以上返済をしていないと時効になります。

よって、オリンポス債権回収から請求を受けた場合でも、5年以上返済をしていないような場合は時効の可能性があります。

時効かどうかは【債権の表示】の「譲渡契約日」「債権者からの管理回収業務委託日」、「次回約定日」の日付が5年以上前かどうかで確認できます。

安易な電話は危険

時効に気づかずに、オリンポス債権回収に電話をしてしまい、分割和解のお願いなどをすると時効が中断してしまうことがあります。

借金が5年で時効になると知らずに慌てて電話をしてしまう方が少なくありません。ただし、電話で話をしたからといって、必ずしも時効がダメになるとは限りませんので、まずはご相談ください。

時効の援用をする

5年以上返済をしていないからといって、何もせずに請求を放置しているだけでは、いつまでたっても時効は成立しません。

オリンポス債権回収の請求を放置していると、自宅まで取り立てに来たり、支払督促といった裁判を起こしてくることがありますので、すみやかに時効の手続きをおこなってください。

時効の援用手続きは内容証明郵便でおこなうのが安全で確実です。電話で時効だといっても証拠に残りませんので、必ず内容証明郵便などの書面で通知してください。

当事務所にご依頼された場合

オリンポス債権回収は、特にご相談が多い会社です。当事務所では、裁判所から支払督促が届いてから相談を受けること珍しくありません。

そうならないためにも、オリンポス債権回収から赤い封筒などで請求を受けたら、すみやかにご相談ください。時効の中断事由がなければ、確実に時効の援用をおこなうことができます。

もし、最後の返済から5年未満であったり、過去10年以内に裁判所で判決などを取られていて、時効の条件を満たしていない場合は、分割和解の交渉もお任せ頂けます。

遠方の方は

当事務所にお越し頂くことができない遠方にお住まいの方は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送をおこなう内容証明作成サービスをご利用ください。

最後の返済から5年が経過しており、かつ、過去に判決などを取られたことがなければ、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用通知によって、借金の支払い義務がなくなります。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら