ラックスキャピタル → オリンポス債権回収

有限会社ラックスキャピタルとオリンポス債権回収

オリンポス債権回収が回収業務を受託している

有限会社ラックスキャピタルから借金の回収業務を受託したオリンポス債権回収から「一括弁済勧告通知」等の請求書が届くことがあります。

なお、元の借入先は以下の場合が多いです。

☑ アプラス

☑ CFJ(ディックファイナンス、アイク)

☑ 武富士

また、オリンポス債権回収に委託している現在の債権者がラックスキャピタルではなく、合同会社OCCの場合もあります。

時効の場合が多い

オリンポス債権回収からの請求の場合、まずは時効の可能性があるかどうかを検討します。もし、5年以上返済をした覚えがないのであれば時効の可能性があります。

請求書の中に「最終約定弁済期日」などの項目が記載されていれば、その日付が5年以上前かどうかで判断できます。

または、請求金額の内訳を確認して、元金よりも損害金が大きくなっているような場合は、5年以上返済をしていない可能性が高いです。

時効援用手続き

5年の時効期間が経過している場合は、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があります。この手続きを時効の援用といいます。

借金の時効は時効の援用によって初めて成立するので、なにもせずにただ請求を放置しているだけでは時効が完成することはありません。

その結果、オリンポス債権回収が裁判所に支払督促の申し立てをしてくることがあります。

支払督促が届いた場合

地元の簡易裁判所から支払督促が届いた場合でも、時効の条件を満たしていれば支払い義務をなくせる可能性があります。

よって、裁判所から支払督促を起こされた場合は絶対に放置してはいけません。もし、何もせずに放っておくと、オリンポス債権回収の言い分がすべて認められてしまうことになります。

支払督促を受け取った場合、2週間以内に異議申立書を裁判所に提出する必要があります。ご自分でどうしてよいかわからない場合は、お気軽にご相談ください。

当事務所にご依頼された場合

オリンポス債権回収から請求を受けた場合、適切な対応を取ることで借金の支払い義務を免れることができる可能性があります。

当事務所にご依頼された場合、時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

もし、最後の返済から5年未満であったり、すでに裁判所で判決などが確定している場合は、当事務所がオリンポス債権回収と分割和解の交渉をおこないます。

当事務所にお越しできない方

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂くことができない方は内容証明作成サービスで対応いたします。こちらは当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなうサービスです。

もちろん、時効の条件をクリアーしている限りは、当事務所が作成した内容証明郵便で時効が成立し、支払い義務がなくなります。

相手は債権回収のプロです。自分で手続するのが不安な場合はお気軽にご相談ください

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら