アストライ債権回収 → 弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所

アストライ債権回収代理人の高橋裕次郎法律事務所から請求された場合の対処法

アストライ債権回収と高橋裕次郎法律事務所

アストライ債権回収はアイフルの関連会社で、法務大臣の許可を受けて借金の回収をおこなっている債権回収会社(サービサー)です。よって、いわゆる架空請求の類ではありませんのでご注意ください。

アストライ債権回収が弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所に回収業務を委託しているわけですが、借金の回収を専門におこなっている債権回収会社が、弁護士事務所に回収業務を委託していること自体は珍しくありません。

時効かどうかをチェック

借金にも時効があります。条件は最終返済から5年以上の経過です。そこで、5年以上返済をしていないかどうかがポイントなります。時効の場合は元本を含めて一切の支払い義務がなくなります。

高橋裕次郎法律事務所の請求書の中に契約内容の詳細が記載されていれば「元本残高」と「遅延損害金」を比べてください。もし、遅延損害金が元本よりも大きければ5年以上返済をしていない可能性が高いです。

「延滞利率」が記載されていれば元本に対して1年間に発生する損害金の額を計算し、遅延損害金がその5年分以上の額になってれば時効の可能性があるということになります。また「譲受日」が5年以上前でも時効の可能性があります。

電話は要注意

最後の返済から5年未満で時効でないことが明らかな場合は、高橋裕次郎法律事務所に電話をしても問題ありません。これに対して、時効の可能性がある場合の電話は要注意です。

なぜなら、時効の可能性があるにもかかわらず、電話で減額のお願いをしたり、分割返済の話をしてしまうと、債務の承認となって時効が中断するおそれがあるからです。

その他にも借金の一部を返済したり、和解書などを取り交わしてしまったような場合も債務の承認となり時効が中断します。よって、時効の可能性がある場合は高橋裕次郎法律事務所へ電話をしないようにしてください。

もし、時効のことを知らずに電話をしてしまっているような場合でも、必ずしも時効が中断するとは言い切れないので、自分の判断で時効が中断したと決めつけずにまずは当事務所までご相談ください。

時効の援用をする

時効を成立させるには内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。借金の時効は自動的には成立しないので、支払い義務をなくしたいのであれば必ず時効の援用をする必要があります。

時効の援用をしない限りは借金はいつまでたってもなくなりません。その結果、請求を放置し続けていると、自宅まで取り立てに来たり、裁判を起こされることがあるので時効の可能性があるのであれば時効の援用をした方が良いです。

ご依頼された場合

時効の可能性があるといっても、一般の方がにわか知識で対処するのにはリスクが伴います。相手は借金の回収を専門におこなっているような弁護士事務所ですからなおさらです。

よって、ご自分での対応に少しでも不安があるのであれば専門家にお願いした方が良いと思います。当事務所にご依頼された場合、高橋裕次郎法律事務所からの直接請求が止まります(元金が140万円以下の借金に限ります)。

その後、時効の中断事由(過去10年以内に裁判所で取られた判決など)があるかどうかを調査し、何も中断事由がなければ、確実に時効の援用をおこなって借金の支払い義務なくします。

これに対して、最後の返済から5年未満であったり、すでに判決などを取られてしまっていて時効の条件を満たしていない場合は分割払いの和解交渉をおこなうことも可能です。

もし、当事務所にお越しになることができない場合は、内容証明郵便作成サービスでのご対応となります。こちらのサービスでも時効の条件を満たしている限りは、内容証明による時効の援用によって借金の支払い義務をなくせます。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、高橋裕次郎法律事務所への時効実績も豊富です。

高橋裕次郎法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら